電気自動車と電池は明日を拓く

記事詳細

日時
2017/5/19 10:11
記事タイトル
燃料電池車普及で 水素ステーション整備会社設立へ
リンク
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170519/k10010987851000.html 燃料電池車普及で 水素ステーション整備会社設立へへの外部リンク
記事詳細

水素を燃料にした次世代のエコカー、燃料電池車の普及を後押しするため、自動車メーカーや石油元売り大手など11社が、共同で水素を車に充てんする水素ステーションを整備する新会社を設立することになりました。

発表によりますと、自動車メーカーのトヨタ自動車や日産自動車、ホンダ、それに石油元売り最大手のJXTGエネルギーなど11社が共同で、年内をめどに水素ステーションの事業を行う新会社の設立を目指すことで19日に合意したということです。

燃料電池車は水素と酸素を反応させた電気で走り、走行中に水しか排出しないことから、「次世代のエコカー」としてトヨタやホンダが販売に乗り出していますが、1台700万円以上もすることや、水素を充てんする水素ステーションの数が全国で90か所程度にとどまっていることから、電気自動車などと比べて普及が進んでいません。

このため新会社では、水素ステーションの数を平成37年度までに320か所程度まで増やすとする、経済産業省が策定した目標に沿って、水素ステーションの整備や運営の支援などを加速させる方針で、燃料電池車の普及を後押ししたいとしています。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

フィード

track feed 電気自動車と電池は明日を拓く フィードメーター - 電気自動車と電池は明日を拓く