電気自動車と電池は明日を拓く

記事詳細

日時
2017/5/19 13:00
記事タイトル
BMW社長「パートナー戦略推進」 自動運転、外部と連携強化
リンク
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19HV8_Z10C17A5TJ2000/ BMW社長「パートナー戦略推進」 自動運転、外部と連携強化への外部リンク
記事詳細

 【ミュンヘン=深尾幸生】独BMWのハラルト・クリューガー社長は18日、日本経済新聞などのインタビューに対し、「パートナー戦略が未来の成功のカギになる」と述べ、自動運転車時代に向けて外部との連携を強化する考えを示した。独自の自動運転車を開発している米グーグルや米アップルについても「競合であると同時に友好的な関係を築く」と述べた。

 BMWは2021年に同社初の自動運転車「iネクスト」を発売する。同社は米インテルなどとの開発連合に米自動車部品大手のデルファイ・オートモーティブを加えるなど提携を進めている。

 独ダイムラーやグーグルなどはそれぞれドライバーやハンドルがいらない完全自動運転車を開発しているが、クリューガー社長は「ロボットタクシーはつくらない」と強調。「運転するか車両に任せるかはドライバーが決めるというのが我々の哲学」と述べ、BMWブランドでは完全自動運転は一機能にとどめる。

 トヨタ自動車と燃料電池車やスポーツ車などで進めている共同開発については「すべてのプロジェクトがうまくいっている」と評価したが、トヨタが注力し始めた電気自動車(EV)での協力については否定した。

 EVの分野では独アウディやダイムラーと共同で充電網の拡大を進めている。クリューガー社長は「両社と協力することは5年前には考えられなかった」と話した。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

フィード

track feed 電気自動車と電池は明日を拓く フィードメーター - 電気自動車と電池は明日を拓く