電気自動車と電池は明日を拓く

記事詳細

日時
2017/7/14 9:03
記事タイトル
【↑】日経平均 大引け| 小幅続伸、米株高と円安を好感も上値は重い (7月14日)
リンク
http://minkabu.jp/stock/7974/news/1334349 【↑】日経平均 大引け| 小幅続伸、米株高と円安を好感も上値は重い (7月14日)への外部リンク
記事詳細

日経平均株価
始値  20157.92
高値  20163.67(09:00)
安値  20101.71(09:35)
大引け 20118.86(前日比 +19.05 、 +0.09% )

売買高  20億4329万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆9863億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は小幅続伸、前日の米株高と円安を好感
 2.終盤に為替が円高に振れ、日経平均は上げ幅を縮小
 3.米・重要経済指標発表を前に、積極的な買いは見送られる
 4.オプションSQ算出で上乗せも、売買代金は3日連続2兆円割れ
 5.ファーストリテが売買代金トップとなるなか大幅安に売られる

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは20ドル高と3日続伸、連日で終値ベースでの過去最高値を更新した。良好な経済指標を受け、ハイテク株を中心に買いが優勢だった。

 東京市場では、前日の米国株高や為替の円安基調が追い風となって買い優勢の展開となったが、日経平均株価は上値も重く小幅高にとどまった。

 14日の東京市場は、前日の欧米株市場が総じて堅調だったことに加え、前場取引時間中に外国為替市場で円安方向に振れたことなどを受け買いが先行したが、寄り後は上値も重く、日経平均は前日終値近辺まで水準を切り下げる場面もあった。日本時間今晩に米国6月の消費者物価指数や鉱工業生産などの重要指標発表を控え、積極的な買いは見送られた。後場はプラス圏で頑強な動きをみせたが、取り引き終盤に為替市場で円が急速に買い戻されたことを受け、日経平均は上げ幅を縮小した。本日はオプションSQ算出日にあたり、売買代金は上乗せされたものの、活況の目安とされる2兆円ラインを割り込んだ。2兆円割れは3日連続となり、市場エネルギーの低下が顕在化しつつある。

 個別では、トヨタ自動車<7203>が堅調で、ブリヂストン<5108>もしっかり、ファナック<6954>も買われた。安永<7271>、ダブル・スコープ<6619>が値を飛ばしたほか、古河電池<6937>も大幅高となった。クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>、東海カーボン<5301>も物色人気となった。日機装<6376>、サンデンホールディングス<6444>なども高い。
 半面、売買代金トップとなったファーストリテイリング<9983>が大きく値を下げたほか、任天堂<7974>も軟調。東京エレクトロン<8035>も売りに押された。エンシュウ<6218>が利益確定売りに安く、東芝<6502>も安い。日本ライフライン<7575>が値を下げ、いちご<2337>、トプコン<7732>、DIC<4631>なども下落した。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はファナック <6954> 、TDK <6762> 、アルプス <6770> 、ホンダ <7267> 、日東電 <6988> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約31円。うち15円はファナック1銘柄によるもの。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、東エレク <8035> 、アステラス <4503> 、花王 <4452> 、スクリン <7735> 。押し下げ効果は約75円。うち63円はファストリ1銘柄によるもの。

 東証33業種のうち上昇は27業種。上昇率の上位5業種は(1)非鉄金属、(2)機械、(3)鉄鋼、(4)輸送用機器、(5)ガラス土石製品。一方、下落率の上位5業種は、(1)水産・農林業、(2)小売業、(3)保険業、(4)精密機器、(5)その他製品。

■個別材料株

△SFOODS <2292>
 第1四半期営業利益は14.9%増。
△夢の街創造 <2484> [JQ]
 株主優待制度を新設。
△SFP <3198> [東証2]
 3-5月期(1Q)経常は23%増益、自社株取得・消却も発表。
△サムティ <3244>
 今期業績と配当の上方修正を引き続き材料視。
△ソケッツ <3634> [東証M]
 LINE「WAVE」先行体験版の予約開始。
△オルトP <3672>
 「ゆゆゆい」がゲーム売上ランキングでランクアップ。
△大和コン <3816> [JQ]
 1→1.1の株式分割を実施。
△TONE <5967> [東証2]
 前期経常が大幅上振れ着地。
△ハーモニック <6324> [JQ]
 4-6月期売上高・受注ともに過去最高。
△ラピーヌ <8143> [東証2]
 3-5月期の業績急拡大を引き続き評価。

▼DNAチップ <2397> [東証2]
 東証が信用規制を強化。
▼ケイブ <3760> [JQ]
 17年5月期最終利益は赤字転落。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ADワークス <3250> 、(2)安永 <7271> 、(3)三栄建築 <3228> 、(4)WSCOPE <6619> 、(5)SFOODS <2292> 、(6)オルトP <3672> 、(7)古河池 <6937> 、(8)リブセンス <6054> 、(9)クリレスHD <3387> 、(10)東海カ <5301>

 値下がり率上位10傑は(1)タカタ <7312> 、(2)Sサイエンス <5721> 、(3)エンシュウ <6218> 、(4)RSテクノ <3445> 、(5)イワキ <8095> 、(6)ライドオンE <6082> 、(7)ランド <8918> 、(8)オオバ <9765> 、(9)極東証券 <8706> 、(10)ファストリ <9983>

【大引け】

 日経平均は前日比19.05円(0.09%)高の2万0118.86円。TOPIXは前日比6.37(0.39%)高の1625.48。出来高は概算で20億4329万株。値上がり銘柄数は1241、値下がり銘柄数は635となった。日経ジャスダック平均は3295.49円(1.43円安)。

[2017年7月14日]

株探ニュース

株探

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

フィード