電気自動車と電池は明日を拓く

記事詳細

日時
2017/7/16 6:48
記事タイトル
第一稀元素化学工業のフィスコ二期業績予想
リンク
http://www.mag2.com/p/money/264093 第一稀元素化学工業のフィスコ二期業績予想への外部リンク
記事詳細
※この業績予想は2017年7月9日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

第一稀元素化学工業<4082>

3ヶ月後

予想株価

1,500円

自動車排ガス用浄化触媒や燃料電池材料などに使われるジルコニウム化合物が主力。欧米や中国で自動車向け好調。17.3期は円高で売上高目減りし横ばいも、操業度上昇やコスト削減で2桁増益の落着。営業外に為替差損。

18.3期通期は、触媒、酸素センサー、耐火物用途が好調で増収も、原料費・減価償却費・販管費の増で減益の会社計画。19.3期は、新製品・新規用途の開発、事業領域拡大図る。株価は引き続き上昇基調で推移。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3期連/F予/24,000/4,400/4,400/3,200/132.36/16.00

19.3期連/F予/25,000/4,600/4,600/3,300/136.50/16.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/07/09

執筆者:HY

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

フィード