電気自動車と電池は明日を拓く

記事詳細

日時
2017/7/16 14:30
記事タイトル
東工大、発火しにくい電池を安く リチウムイオン向け
リンク
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18926490W7A710C1TJM000/ 東工大、発火しにくい電池を安く リチウムイオン向けへの外部リンク
記事詳細

 東京工業大学の菅野了次教授らは発火しにくいリチウムイオン電池を安く作る技術を開発した。燃えやすい電解液を使わない「全固体電池」向けで、コストが従来の3分の1となる固体材料を見つけた。電気自動車やスマートフォンを安全に使えるようになる。

 リチウムイオン電池は、燃えやすい有機溶媒でできた電解液を電極ではさんだ構造をしている。研究チームはこれまでに電解液に使える硫化物系の固体材料を見つけている。液体の性能を上回るが、ゲルマニウムと呼ぶ高価な希少金属(レアメタル)を含む。

 新材料はレアメタルと性質が似た安価なケイ素とスズに置き換えた。液体とほぼ同じ性能という。柔らかく、加工もしやすい利点もある。

 全固体電池を実用化できれば、セ氏マイナス30度から100度まで幅広い環境で使えるとみる。発火や凍結を起こしにくく、安全性が高まる。

 今後、開発した材料にふさわしい電極をみつけ、実際に電池を開発したいという。研究成果は、米国の学術誌(電子版)で発表した。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

フィード