電気自動車と電池は明日を拓く

記事詳細

日時
2017/10/12 10:56
記事タイトル
「ガソリン車にできて電気自動車にできないことはない」 3.1秒で時速100km、EVで躍進続けるテスラ
リンク
https://abematimes.com/posts/3083375%3FcategoryIds%3D656208 「ガソリン車にできて電気自動車にできないことはない」 3.1秒で時速100km、EVで躍進続けるテスラへの外部リンク
記事詳細

 長距離ドライブを快適にするために設置が進み、国内にあるスーパーチャージャーステーションは現在15カ所。この施設のほかにも、テスラ車専用の充電設備が全国約100カ所のホテルや旅館、カフェなどに設置されており、アダプターを使用すれば国内にある7000カ所以上の公共の急速充電設備などで充電することもできる。しかし、全国に3万以上あるガソリンスタンドと比べると、まだ数が少ないのが現状だ。

 テスラ広報の土肥さんは今後の課題として「電気自動車が増えたのはとてもいいことだが、すでに充電渋滞のようなものが全国で起きているので、適切な場所、電気自動車ユーザーが使うところに充電器をつけていくことが必要だと思っている」と語った。

 高い加速性能や充電費用の安さに加え、排気ガスも出ない電気自動車。しかし、いいことばかりではないと国際自動車ジャーナリストの清水和夫氏は指摘する。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

フィード