電気自動車と電池は明日を拓く

記事詳細

日時
2017/12/7 2:37
記事タイトル
両面受光モジュール向け初設計のCPP認定SkySmartが世界デビュー
リンク
https://japan.cnet.com/release/30222822/ 両面受光モジュール向け初設計のCPP認定SkySmartが世界デビューへの外部リンク
記事詳細

両面受光モジュール向け初設計のCPP認定SkySmartが世界デビュー

AsiaNet 71412 (1977)

【上海2017年12月6日PR Newswire=共同通信JBN】高エネルギー収量の優位性によって両面受光モジュールが太陽光発電市場で幅広く採用されている。このトレンドを受けて、アークテックソーラー(Arctech Solar)はこのほど、革新的なSkySmartトラッキング(太陽光追尾)システムを発売した。SkySmartは両面受光モジュール向けに専用設計され、CPPにも認定された世界初のトラッカーである。

Photo - リンク

標準的なトラッキングシステムと比較すると、SkySmartには以下の6つの重要な利点がある。

*SkySmartは業界記録であるN-Sスロープが20%で、傾斜11.3度に匹敵する
*設置台の数が減少した
*SkySmartトラッキングシステムは、ダブルピッチのリスクなしドライブスルー方式洗浄の利点がある
*SkySmartは市販のPVモジュールすべてと互換性がある
*SkySmartはリチウムイオン電池をバックアップに備える電源内蔵システムである
*SkySmartはLoRa無線通信技術をトラッカーに応用した世界初のサプライヤーである

上記のテクニカル指標に加え、ここで特に言及する価値があるのは、SkySmartはアークテックソーラーが特許を保有する4ポイント/6ポイント両面受光モジュール高速マウンティング固定方法によって、標準的なトラッキングシステムに比べ両面受光モジュールの価値を最大限に引き出すことである。それは、太陽光業界の他のメーカーとSkySmartを差別化する設計になっている。新規特許を保有するこの設置方法は、クライアントが効率的にモジュール裏面の遮光を軽減し、プロジェクト設置を加速し、エネルギー収量を増大させることに役立つ。

SkySmartデータシートの詳細はウェブサイトリンクを参照。

▽アークテックソーラーについて
アークテックソーラーは太陽光追尾(トラッキング)、架台(ラッキング)システムの世界有数の製造者でソリューション・プロバイダーの1つである。8年の開発を通じてアークテックソーラーは中国の昆山と常州に製造基地を、中国以外では米国、日本、インド、欧州などの国・地域市場に子会社とサービスセンターを設置してきた。2017年1月時点で、アークテックソーラーは累積で10GWの設備を設置、10カ国以上で600近いプロジェクトを完了した。製造能力は固定架台分野6GW、追尾式架台分野3GW(合わせて年間9GW)。アークテックソーラーは国際的なPV追尾、架台システム市場の信頼性のあるパートナーに成長した。

詳細は次を参照: www.arctechsolar.com
製品販売その他の問い合わせは次へ: sales@arctechsolar.com

▽報道関係問い合わせ
Sabrina Lyu
+86-150-0085-3002
sabrina.lu@arctechsolar.com

ソース:Arctech Solar

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

フィード