電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/1/11 20:01
見出し
旭化成、リチウム電池用絶縁材を日米で増産
リンクURL
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00457606 旭化成、リチウム電池用絶縁材を日米で増産への外部リンク
記事詳細

旭化成は11日、日米でリチウムイオン二次電池用セパレーター(絶縁材)を増産すると発表した。総設備投資額は約75億円。2020年度上期までに完工し、生産能力は湿式・乾式合計で現状(建設中含む)比で27・9%増の年11億平方メートルに拡大する。世界的に電気自動車(EV)など電動車シフトが加速しており、主要部材の需要も急拡大している。

同社は米国・ノースカロライナ州の乾式セパレーター工場内に新たな製造設備を導入する。能力増強分は年産1億5000万平方メートルで、18年度下期の商業運転開始を予定。

また、守山製造所(滋賀県守山市)の敷地内に湿式セパレーター工場を新設する。能力増強分は同9000万平方メートルで、20年度上期に商業運転を始める。

16年5月に公表した同11億平方メートルの供給体制整備計画の一環だ。ただ、当初想定より需要が旺盛なため、現在さらなる能力増強を検討している。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon