電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/1/13 1:18
見出し
「自然エネ街灯を北陸に」 大阪のNTNが意欲
リンクURL
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/economy/news/CK2018011302100006.html 「自然エネ街灯を北陸に」 大阪のNTNが意欲への外部リンク
記事詳細

谷本正憲知事(右)と握手するNTNの井上博徳副社長=石川県庁で

写真

 ベアリング(軸受け)大手、NTN(大阪市)の井上博徳副社長が十二日、石川県庁で谷本正憲知事と懇談し、独自の街路灯など自然エネルギー商品を北陸地方で本格的に売り出す意向を示した。

石川知事と懇談

 NTNはグループ会社が二〇〇七年に同県羽咋市に進出。現在、羽咋、志賀、宝達志水の各市町に四社の製作所があり、昨年七月に熱処理工場を設けて軸受けを一貫生産している。

 NTNは今年三月に創業百周年を迎えるのに合わせて、風力と太陽光のエネルギーを生かした自社のハイブリッド街路灯三基を昨年十二月に県、羽咋市、志賀町に寄贈した。井上副社長は懇談で「能登にいい風が吹いている。ここをベースに自然エネルギー商品を広めたい」と話した。

 同社は一五年にまとめた中期計画で二五年までに自然エネルギー商品の売り上げ目標を五百億円に設定。ハイブリッド街路灯はつくった電力をバッテリーで充電し、五日間分の照明用電力を供給する。災害時に非常用電源にもなる。一基百五十万円。自然エネルギー関連では小型水車や風車用大型軸受けなどを製造している。(沢井秀和)

この記事を印刷する

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon