電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/1/13 7:07
見出し
バーチャルパワープラント構築実証事業におけるEVスイッチを活用した電気自動車の充電遠隔制御実験の ...
リンクURL
https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12236-motorfan10002536/ バーチャルパワープラント構築実証事業におけるEVスイッチを活用した電気自動車の充電遠隔制御実験の ...への外部リンク
記事詳細

関西電力、住友電気工業および日産自動車は、バーチャルパワープラント(以下、VPP)構築実証事業において、電気自動車の充電遠隔制御実験を、11日より本格開始した。

VPPとは、電力系統に点在する顧客の機器をIoT化して一括制御することにより、顧客設備から捻出できる需給調整力を有効活用し、あたかも一つの発電所(仮想発電所)のように機能させる仕組みのこと。経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「平成29年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」を活用し実証事業が行われている。

VPP構築実証事業である「関西VPPプロジェクト(関西電力を中心とするVPP実証コンソーシアム)」では、EVおよびプラグインハイブリッド車(以下、PHV)をエネルギーリソースとして活用した取組みを行っている。このたび、関西電力の事業所や一般家庭にあるEV/PHV60台に対して、新たに開発したEVスイッチを導入し、充電を遠隔制御する。全国で初めての取組みだ。

EVスイッチとは、関西電力および住友電工が開発したEVおよびPHVの充電を制御する機器で、多様な車両に対応しているもの。具体的には、関西電力のVPPサーバ(取引先から電力調整依頼を受け、調整を行うサーバ)と住友電工のEVサーバ(VPPサーバから指令を受け、EVおよびPHVの充電を制御するサーバ)が、日産自動車のテレマティクスサーバ(EVから車両情報を取得するサーバ)と連携することで得られるEVの車両情報を基に、充電による電力調整可能量を把握するとともに、EVスイッチによって日産自動車製EVの充電を遠隔制御する。また、ユーザーに対してEV使用の参加・不参加を確認するためにスマートフォンアプリを活用することで、実運用を想定した実験を行う。実証期間は平成30年1月11日〜平成30年2月28日まで(予定)。

なお、今回得られた結果から、EVの利用方法や制御データ等を分析し、VPPのエネルギーリソースとしての評価を実施する。

本実験は、電力会社である関西電力、自動車関連機器メーカーである住友電工、自動車メーカーである日産自動車の3社が協力し、VPPシステムとEVの車両情報を連携することで、それらの技術的知見を蓄積するもの。今後のEV普及による運輸部門の低炭素化と電力の安定供給を目指す。本取組みを通じて、3社は、エネルギーを効率的に活用する社会の実現に貢献していく。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon