電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/1/13 13:30
見出し
GSユアサ、ハンガリーにリチウムイオンバッテリー工場を建設
リンクURL
http://www.eastern-europe-news.com/news_uTXyNsL1X.html GSユアサ、ハンガリーにリチウムイオンバッテリー工場を建設への外部リンク
記事詳細

年間50万個のバッテリーを生産

株式会社GSユアサは1月11日、ハンガリーのミシュコルツ市にリチウムイオンバッテリー工場を建設すると発表した。

建設にあたって2017年10月、100%子会社GS Yuasa Hungary Ltd.(ジーエス・ユアサ ハンガリー)を設立した。新工場では、リチウムイオンバッテリーの組み立ておよび電池開発や製造が行われる。

敷地面積は14万平方メートル規模で、投資額は350万ユーロ(日本円にして4億5500万円)。工場稼働当初はバッテリーを年間50万個生産する予定だ。

GSユアサ

リチウムイオン電池の製造も検討

GSユアサは、欧州における自動車始動用のリチウムイオンバッテリーの需要拡大を見込み、ミシュコルツ工場を建設。

同工場では、日本で製造されるリチウムイオン電池(セル)の組み立てが行われる。今後さらに、リチウムイオン電池(セル)の製造も行うことを検討しているという。

なお、日本でのリチウムイオンバッテリーは、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの環境対応車をはじめ、他の用途にも広く展開できるリチウムイオン電池を開発・製造・販売しているリチウムエナジー ジャパンに委託する予定。

同社は、今後も先進のエネルギー技術で、持続可能な社会の実現に貢献していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社GSユアサ プレスリリース
http://www.gs-yuasa.com/




新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon