電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/1/22 9:11
見出し
「超電導フライホイール」で太陽光の出力安定化、実用化に前進
リンクURL
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/012210539/ 「超電導フライホイール」で太陽光の出力安定化、実用化に前進への外部リンク
記事詳細

 山梨県と鉄道総合技術研究所、古河電気工業、ミラプロの4者は2017年12月19日、改良型の「超電導フライホイール蓄電システム」を公開し、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の出力変動を緩和するための蓄電装置として、実用化に一歩前進したとの見方を示した。

 甲府市にある米倉山太陽光発電所の敷地内に設置・実証している。直径2mのフライホイール(弾み車)を内蔵し、電力を回転運動として蓄えることで充放電する。定格出力300kW、充電容量100kWhとなる。

 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「安全・低コスト大規模蓄電システム技術開発」プロジェクトで、2012~2015年度に設置・実証運用した装置を改良した。隣接して稼働する出力1MWのメガソーラーの出力変動を緩和する形で運用している。

 従来システムからの主な改良点は、フライホイールの材質を従来のCFRP(炭素繊維強化樹脂)から鋼製に変えるとともに、回転軸の横揺れを抑える「制御型磁気軸受(AMB)」をフランス製から国産に切り替え、制御方法もアナログ式からデジタル式に変更した。

 フライホイールを鋼製にしたことで、重さ4tを維持しつつ、体積はCFPR製の20%(5分の1)までコンパクト化した。ただ、CFPRに比べると強度に劣るため、最大回転数は6000/分から3000/分に抑えているという。

図1●重さ4tの鋼製フライホイールを採用した

(出所:山梨県)

[画像のクリックで拡大表示]

図2●モーター/発電機で電気を回転運動に変えて蓄電する

(出所:山梨県)

[画像のクリックで拡大表示]

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

広告

雪道トラブルバナーvar url=document.location.href;document.write('');