電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/1/22 20:07
見出し
肉眼で見えない“水素の炎”、パナソニックが映像化するカメラ開発
リンクURL
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00458836 肉眼で見えない“水素の炎”、パナソニックが映像化するカメラ開発への外部リンク
記事詳細

パナソニックは主に水素ステーションを狙い、水素の炎を映像化するセンサーカメラ(写真)を開発した。水素の炎は肉眼では見えない。普及している火災検知器は水素の燃焼自体は検知できるが、炎の形は把握できない。新開発のカメラは炎の広がりを画像として見える化でき、消防活動などに役立てられる。燃料電池車(FCV)の普及など水素社会の到来を見据え、2020年ごろの製品化を目指す。

水素の炎は、肉眼で見えない紫外線(UV)を発する。そこで、開発したセンサーカメラは相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサーを使い、UV領域の光をとらえる。

一般に使われるシリコン製CMOSセンサーは紫外線領域に対応していないため、別の材料を採用したという。

水素ステーションの普及に向け、設置や運営の費用に加え、水素の漏えいと火災といった安全面の対策が課題に挙がっている。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

広告

雪道トラブルバナーvar url=document.location.href;document.write('');