電気自動車と電池は明日を拓く

スウェーデンのKoenigsegg(ケーニグセグ)社がジュネーブモーターショーで発表した、ガルウイングの未来的なフォルムを持つ4シータースポーツ。

response.jp_220753.jpg


  • 【ジュネーブモーターショー09】スウェーデンから4シーターEVスポーツ | Response.

    スウェーデンのKoenigsegg(ケーニグセグ)社は、ジュネーブモーターショーで『Quant』(クワント)を発表した。ガルウイングの未来的なフォルムを持つ4シータースポーツで、512psを発生するツインモーターが、0-100km/h加速5.2秒、最高速275km/hの卓越したパフォーマンスを発揮する。


    ケーニグセグ社はスウェーデンのスーパーカーメーカーで、1996年に『CC』を発売。そして2006年には『CCX』をリリースし、4.7リットルV8 ツインスーパーチャージャー(806ps)は、0-100km/h加速3.2秒、最高速395km/hを誇った。E85バイオエタノール燃料対応の『CCXR』では、その最高出力は1018psに進化している。


    クワントは、太陽電池技術のスペシャリスト、NLVソーラー社と共同開発したEVスポーツカー。重量わずか140kgという2個のモーターを搭載し、それぞれが後輪左右を駆動する。モーターの最大出力は512ps、最大トルクは72.9kgmと超パワフル。カーボンモノコックシャシーとアルミ&カーボンボディは、車重1780kgに仕上げられ、0-100km/h加速5.2秒、最高速275km/hという高いポテンシャルを披露する。


    バッテリーの詳細は公表されていないが、NLVソーラー社が開発したFAES(フロー・アキュムレーター・エナジー・ストレージ)システムを採用。充電時間は20分で、最大航続距離500kmを実現する。また、ボディ全体を覆うように太陽電池パネルを装着。走行中でもバッテリーへの充電が行える。回生ブレーキも装備された。


    空力抵抗係数Cd値0.27という流麗なフォルムは、スーパーカーと4ドアセダンを融合させた新しいデザイン。ドアはガルウイング方式で、大きな開口部を持つため、後席への乗降も楽に行えるという。また、サイドウインドウは前後2分割で昇降できるように配慮。室内には大人4名に必要な居住空間と荷物スペースが設けられた。ボディサイズは全長4879×全幅2016×1335mm、ホイールベース3102mmだ。


    ケーニグセグ社は価格や時期は未定ながら、このクワントを市場へ投入すると宣言。そのため、6エアバッグやESPなどの安全装備も採用されている。スウェーデンのスーパーカーメーカーが世界に衝撃を与える日は、目前のようだ。


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 873, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2015-07-20 (月) 01:30:29 (JST) (853d) by EVINFO

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

最近更新したトピックス

人気のトピックス

フィード