電気自動車と電池は明日を拓く

高分子アクチュエータの会社?


イーメックス、エネルギー密度5倍のリチウムイオンキャパシター開発 anchor.png

  • イーメックス、エネルギー密度5倍のリチウムイオンキャパシター開発:日刊工業新聞

    イーメックス(大阪府吹田市、瀬和信吾社長、06・6368・8434)は、容量1リットル当たりのエネルギー密度を100ワット時と既存製品比5倍にしたリチウムイオンキャパシターを開発した。温度や還元剤濃度などを工夫した独自の化学メッキ法を使い、多孔質金属電極を実用化。一般に使用される炭素電極に比べて表面積を10倍に高めた。電機、電池メーカーなどと実用化研究を進め、電気自動車(EV)や携帯電話、パソコンなどへの搭載を目指す。


    一般的な炭素電極は1立方センチメートル当たり8ファラッド程度が蓄電の限界だが、多孔質による電極面積の増加に伴い10倍の同80ファラッドを達成した。電解液にリチウムイオンを使用することで、リチウムイオンの酸化還元反応と、電気二重層の物理吸着を併用するハイブリッド型キャパシターになっている。


    キャパシターは10年以上の使用が可能としており、EVでの採用も見込めるという。


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 2142, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2015-07-20 (月) 01:30:29 (JST) (853d) by EVINFO

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

最近更新したトピックス

人気のトピックス

フィード