電気自動車と電池は明日を拓く

日本国内最大の自動車メーカ。愛知県豊田市に所在。


Page Top

トヨタ自動車、北米国際自動車ショーで小型EVコンセプト「FT-EV」を出展 anchor.png

  • トヨタ自動車、北米国際自動車ショーで小型EVコンセプト「FT-EV」を出展

    トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、1月11日(日)から25日(日)まで米国デトロイトで開催される 2009年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)に、リチウムイオン電池を搭載した電気自動車(EV)のコンセプトモデル「FT- EV(Future Toyota-Electric Vehicle)」を出展した。


    FT-EVは、超小型軽量ボディに4人乗車が可能な超高効率パッケージを実現、50マイル(約80km)程度の航続距離を想定した“近距離小型コミューター”としてのEVコンセプトモデルである。これまでも、トヨタは、電気自動車の開発を進めてきており、1997年~2003年に「RAV4-EV」を市場に導入、また1999年~2006年には、小型電気自動車である「e-com」の公道実験を行っている。今後、トヨタは、量産化を目指した次世代電気自動車の開発を更に加速させ、2012年までに、近距離コミューターとして電気自動車を米国市場に導入する予定である。


    トヨタは、人や地球と共生するサステイナブル・モビリティ社会の実現に向け、環境技術開発に取り組み、また、そうした技術を商品として市場に普及させていくことが重要と考えている。


    コア技術であるハイブリッド車(HV)については、1997年の世界初となる量産ハイブリッド車「プリウス」の発売開始以来、世界累計販売台数が170 万台を突破するなど、普及に努めている。今回のデトロイトモーターショーにおいても、トヨタブランドから新型プリウス、レクサスブランドからHS250h を、ハイブリッド専用車として公開する予定である。また、トヨタは、2010年代のできるだけ早い時期にハイブリッド車の年間販売100万台を達成するべく、世界で新車名のハイブリッド車を10車種程度投入する予定である。


    プラグインハイブリッド車(PHV)については、2007年より、日米欧でニッケル水素電池を搭載したプラグインハイブリッド車の公道実証実験を行っているが、2009年末より、新型プリウスをベースにリチウムイオン電池を搭載したPHVを、日米欧のフリートユーザー向けに投入を開始し、合計で500台程度(内 米国フリート向け150台程度)の販売を行う。

Page Top

Toyota Maintains Pace, Broadens Scope of Advanced Environmental Technologies anchor.png

EV Concept Confirms Battery-Electric Vehicle in 2012; First of 150 Plug-ins Arrive Late '09 to Lease-Fleet Customers; As Many As 10 New Gas-Electric Hybrids by early 2010s

EVコンセプトで2012年のバッテリー電気自動車(BEV)を発表、最初の150台のプラグインを2009年後期に、2010年代初期に10種類の新しいガソリン電気ハイブリッド自動車を投入

DETROIT, Jan. 10 /PRNewswire/ -- Toyota Motor Sales (TMS), U.S.A., Inc. today announced that it will display the Toyota FT-EV concept on opening Media Day at the North American International Auto Show (NAIAS), confirming its plan to launch an urban commuter battery-electric vehicle (BEV) by 2012. This announcement, coupled with its compressed natural gas powered Camry Hybrid concept display at the 2008 Los Angeles Auto Show, signal Toyota's intention to broaden the scope of its advanced alternative-fuel vehicle development.

1月10日、デトロイト、PRNewswire:米国トヨタ販売はトヨタFT-EVコンセプトを米国国際自動車ショー(NAIAS)のメディアデー初日に発表すると本日アナウンスした。アーバンコミューター電気自動車(BEV)を2012までに市場投入する計画である。このアナウンスは、2008年ロサンゼルス自動車ショーで発表した圧縮天然ガス駆動のカムリハイブリッドコンセプトと結びつけると、先進的な代替燃料自動車開発の適用を拡大するというトヨタの意向を示す。

"Now, more than ever, while we are so focused on the pressing issues of the moment, we cannot lose sight of our future," said Irv Miller, TMS Group Vice President, Environmental and Public Affairs. "Nowhere is this more important than with our industry's duty and commitment to provide true sustainable mobility with vehicles that significantly reduce fuel consumption, our carbon footprint and overall greenhouse gases."

「現在、我々は緊迫した問題にきわめて集中しているが、ますます、我々は未来を見失うことはできません。」と環境広報担当のトヨタ自動車グループ副社長のIrv Millerは言う。

The FT-EV concept shares its platform with the revolutionary-new iQ urban commuter vehicle. Already a huge hit in Japan, the iQ is lightweight and seats four passengers in comfort and security, while delivering exceptional mileage, sporty performance, unique refinements and a fun, youthful image.

Toyota's FT-EV concept imagines an urban dweller, driving up to 50 miles between home, work and other forms of public transportation, such as high-speed rail. Although, for now, the FT-EV remains a pure concept, it represents a natural pairing of product strategies.

"Last summer's four-dollar-a-gallon gasoline was no anomaly. It was a brief glimpse of our future," said Miller. "We must address the inevitability of peak oil by developing vehicles powered by alternatives to liquid-oil fuel, as well as new concepts, like the iQ, that are lighter in weight and smaller in size. This kind of vehicle, electrified or not, is where our industry must focus its creativity."

Although BEVs and new smaller vehicles like the iQ will be a key component of Toyota's sustainable mobility strategy, the conventional gas-electric hybrid, like the all new third-generation Prius, is considered Toyota's long-term core powertrain technology.

Last year, Toyota announced that it planned to sell one million gas-electric hybrids per year sometime during the early 2010s. To accomplish this, Toyota will launch as many as 10 new hybrid models by the early 2010s, in various global markets. The new third-generation Toyota Prius and all new Lexus HS250h, both debuting in Detroit, are the first two examples of that effort.

Also, last year, Toyota announced that it would roll-out a large number of plug-in hybrid vehicles (PHVs) to global lease-fleet customers in 2010. That schedule has been moved up.

Beginning in late 2009, Toyota will start global delivery of 500 Prius PHVs powered by lithium-ion batteries. Of these initial vehicles, 150 will be placed with U.S. lease-fleet customers.

The first-generation lithium-ion batteries powering these PHVs will be built on an assembly line at Toyota's PEVE (Panasonic EV Energy Company, LTD) battery plant, a joint-venture production facility in which Toyota owns 60 percent equity. During its development, the new Prius was designed and engineered to package either the lithium-ion battery pack with plug-in capability, or the nickel-metal hydride battery for the conventional gas-electric system.

The 500 PHVs arriving globally in late 2009 will be used for market and engineering analysis. Lease-fleet customers will monitor the performance and durability of the first-generation lithium-ion battery, while offering real world feedback on how future customers might respond to the plug-in process.

"Future customers will have high expectations for these emerging technologies. This Prius PHV fleet program is a key first step in confirming how and when we might bring large numbers of plug-in hybrids to global markets," said Miller.

"Our business is no longer about simply building and selling cars and trucks. It is about finding solutions to mobility challenges today and being prepared for more daunting challenges in our very near future."

Page Top

トヨタから iQ の電気自動車 anchor.png

  • 【デトロイトモーターショー09】トヨタから iQ の電気自動車 | Response.

    米国トヨタ販売は10日、『FT-EVコンセプト』の写真を公開した。超小型車の『iQ』をベースにした電気自動車で、2012年までに市販する計画だ。


    公表された写真からは、iQをベースにしながら、グリルやヘッドランプ、テールランプなどの細部を変更して、EVらしい雰囲気を演出しているのがわかる。また、インパネには、バッテリー残量などを表示する専用モニターを追加しているのが見て取れる。


    トヨタが公表したのは、「米国人の平均的な通勤距離、往復80kmをカバーする航続距離を実現したアーバンコミューターEV」という点のみ。モーターの出力やバッテリーに関する情報は、明らかにされていない。


    FT-EVコンセプトは、デトロイトモーターショーの現地時間12日、11時30分に正式披露。モーターやバッテリーの詳細は、その時点で公表される。

Page Top

新型HVセダンのレクサスHS250h発表 anchor.png

  • 価格.com - 【デトロイト09】新型HVセダンのレクサスHS250h発表

    トヨタ・モーター・セールスU.S.A.は、2009年1月11日に開幕する北米国際自動車ショー(デトロイトショー)において、レクサス・ブランドとして4車種目となる新型ハイブリッド・セダンのHS250hを発表することを明らかにした。


    HS250hについては、先進的な双方向テレマティクスディスプレイを備えたモデルである、という点以外、公式に発表された情報はない。しかし、海外の報道によれば、HS250hのパワートレインは今回のデトロイトショーで同時に発表される新型プリウスのハイブリッド・シナジー・ドライブをベースに開発され、2次電池はニッケル水素バッテリーを搭載。ボディサイズはISと同等だという。


    また、2009年に発売されるが、2010年中に2次電池リチウムイオンバッテリーに変更される見込みだ。

Page Top

トヨタの新型EVコンセプト anchor.png

response.jp_206930.jpg

米国トヨタ販売は22日、2009年1月のデトロイトモーターショーに『バッテリーエレクトリックビークルコンセプト』を出品すると発表した。


トヨタが公表した写真はエンブレム1点のみ。ゴールドとシルバーを組み合わせた「EV」の文字は、プラグにコンセントを差し込んでいるかのように見える。


このEVコンセプトの詳細について、トヨタは一切明らかにしていない。しかし、同じ2009年1月のデトロイトモーターショーで、トヨタは新型『プリウス』を初公開することから、プリウスとは形態が異なる電気自動車のコンセプトと推測できる。


第1の説は、超小型車『iQ』のプラットフォームを使ったEVではないかというもの。短距離走行に特化したEVで、市販時には普及をにらんだ戦略的価格設定になるという。


第2の説は、プリウスよりもボディサイズが大きいプラグインハイブリッド車というもの。GMのシボレー『ボルト』のように、基本はモーターで走行し、バッテリー残量が少なくなると、充電専用のエンジンからチャージを行う。


いずれにせよ、新EVコンセプトの詳細は2009年1月のデトロイトモーターショーで判明する。1月12日、現地時間午前11時30分、新型プリウスとともにトヨタブースでフラッシュを浴びるのは、どんなモデルなのだろうか。


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1099, today: 1, yesterday: 1
最終更新: 2015-07-20 (月) 01:30:29 (JST) (855d) by EVINFO

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

最近更新したトピックス

人気のトピックス

フィード