電気自動車と電池は明日を拓く

つまり、使用者が利用可能な期間。用途によって異なる。また、要素技術レベルとシステムレベルで異なる。現時点では標準化されていない部分もある。

二次電池寿命 anchor.png

Page Top

単電池あるいは単位電池 anchor.png

  • 一般的に定格容量からの容量低下率で定義される。定格容量ではなく所期容量を用いる場合もある。瞬時の充放電が必要な用途、たとえば移動体用では、容量低下率ではなく、出力低下率あるいは入力低下率で定義される。
  • 長期の場合は、単電池あるいは単位電池の外装ケース、端子部分などの材料劣化も考慮が必要。
Page Top

電池 anchor.png

  • 複数の単電池間あるいは単位電池間の接続ケーブル、金属バーの材料劣化、付属の電池管理システム(BMS)回路の劣化。
Page Top

蓄電システム anchor.png

Page Top

電気自動車 anchor.png

  • 所定の一充電走行距離、加速・減速性能を満足する期間。
Page Top

定置用蓄電装置 anchor.png

Page Top

太陽電池寿命 anchor.png

Page Top

太陽電池セル anchor.png

Page Top

太陽電池パネル anchor.png

Page Top

太陽光発電システム anchor.png


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1028, today: 1, yesterday: 4
最終更新: 2015-07-20 (月) 01:30:29 (JST) (855d) by EVINFO

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

最近更新したトピックス

人気のトピックス

フィード