電気自動車と電池は明日を拓く

古くからリチウム二次電池を搭載した電気自動車のコンセプトカーを発表するなど、先進的な技術を開発している。しかしながら、低公害車の実用化にはなかなか結びつかず、コミューターカーであるハイパーミニを開発後は、ハイブリッド自動車の実用車市販開始にトヨタ自動車、本田技研に先を越された。また、当時は経営状態も悪化していたため、十分な開発投資が困難であったのかもしれない。

2009年8月2日に電気自動車リーフ」を発表。今後開発を加速すると見られる。

電池開発については、日本電気(NEC)と共同で開発を進めてきた。開発子会社であるオートモーティブエナジーサプライ(AESC)は、2015年度の売上高は約366億円。出資比率は日産自51%、NEC42%、NECエナジーデバイス7%である。

今後電池開発については撤退し、開発子会社の売却を予定と報道されている。

Tag: 自動車メーカ


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 2354, today: 1, yesterday: 1
最終更新: 2016-08-06 (土) 08:43:54 (JST) (379d) by evinfo

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

最近更新したトピックス

人気のトピックス

フィード