電気自動車と電池は明日を拓く

2030年をめざし、「運輸部門の石油依存度を80%まで低減し」、「エネルギー効率を現状から30%改善する」という2つの数値目標*1の実現手段を明らかにすることを目的とした文書。具体的な実現手段として「次世代バッテリー」、「クリーンディーゼル」、「水素燃料電池」、「バイオ燃料」、「ITを活用した世界一優しいクルマ社会構想」の5分野の技術について、開発・普及に必要な具体策とその課題を提示している。


*1 原油価格の高騰や温暖化防止などの課題に応えたエネルギー安全保障強化策の方向性を示した、「新・国家エネルギー戦略(06年5月)」で示されていた目標。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 805, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2015-07-20 (月) 01:30:29 (JST) (858d) by EVINFO

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

最近更新したトピックス

人気のトピックス

フィード