電気自動車と電池は明日を拓く

要検討項目

  1. 対象セル、モジュールの想定:容量、電圧、個数、設置状態(恒温槽?)
  2. 電源入出力、容量
  3. 設置場所
  4. 計測機器など:高精度電圧計測器、交流電流充放電装置
  5. ソフトウェア:計測、制御
  6. その他:試験方法(案)の検討をハードウェア的に行う必要あり。
  • 各社に共通に適用しうる試験方法を実施できること
  • より高精度で計測可能であること

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1204, today: 1, yesterday: 1
最終更新: 2015-07-20 (月) 01:30:29 (JST) (855d) by EVINFO

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

最近更新したトピックス

人気のトピックス

フィード