電気自動車と電池は明日を拓く

「Cool Earth−エネルギー革新技術計画」の検討の開始について



概要 anchor.png

  • 総理イニシアティブ『美しい星へのいざない「Invitation to Cool Earth
    50」』(平成19年5月24日発表)における「世界全体の温室効果ガス排出
    量を現状に比して2050年までに半減する」という長期目標の実現に向け、
    経済産業省では、その中核となる革新的エネルギー技術開発を加速・推進す
    るための検討に着手
  • 具体的には、CO2の大幅削減に向けて重点的に取り組むべき革新的なエ
    ネルギー技術開発の内容や国際連携のあり方について検討を行い、来年の洞
    爺湖サミットに向けて「Cool Earth−エネルギー革新技術計画」をとりまと
    め・公表
  • 経済産業大臣の下に「Cool Earth−エネルギー革新技術計画」有識者会議を設置して進める
Page Top

有識者 anchor.png

吉川 弘之(独)産業技術総合研究所理事長【座長】
勝俣 恒久東京電力(株)取締役社長
張 富士夫トヨタ自動車(株)取締役会長
町田 勝彦シャープ(株)代表取締役会長
牧野 力(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長
三村 明夫新日本製鐵(株)代表取締役社長
桝本 晃章東京電力(株)顧問【世話役】
Page Top

有識者会議等 anchor.png

  • 第1回有識者会議(平成19年8月31日)
  • 第1回Cool Earth – エネルギー革新技術計画検討委員会(委員長:産業技術総合研究所・赤井主幹研究員、平成19年9月26日)
    • 今後の進め方について
    • 検討の対象とする技術開発の考え方について、等
  • 第2回Cool Earth – エネルギー革新技術計画検討委員会(平成19年10月26日)
    • エネルギー革新技術の考え方・革新技術について
    • 国際連携の方向性・考え方について、等
  • 第3回Cool Earth – エネルギー革新技術計画検討委員会(平成19年11月14日)
    • エネルギー革新技術計画骨子案について、等
  • 第2回有識者会議:平成19年11月頃
  • 第3回有識者会議:平成20年2〜3月頃
Page Top

重点的に取り組むべきエネルギー革新技術 anchor.png

Page Top

発電・送電部門 anchor.png

技術名技術概要削減効果
Page Top

関連するブログ記事 anchor.png

Page Top

Googleブログ検索 anchor.png

Page Top

Yahoo!ブログ検索 anchor.png

#showrss: Failed fetching RSS from the server

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
てんてる   投稿日時 2013/7/22 6:21
 永遠に人類を豊かに持続できる社会を
 人類が発祥して何百何十万年進化して便利な社会に、ここ百年で持って大変な危機に直面している要因の一つとなっています重量移動物(自動車、鉄道車両)が及ぼしている弊害化石燃料、高コストを伴っている事に気付かない現状に、人類の大きな負荷を改善する為の人類子孫の為に今後とも永遠に宇宙、太陽、地球と共に豊かに持続できる環境を求め知恵を働かせる
 地球の身を削る地下資源(石炭、石油、LNG,最近のシェールガス、オイル、メタンハイドレート)全て弊害、高コストを伴う中何れ200~300年で枯渇してしまう、その後の人類は子孫は?、それまでも地球温暖化による天候異変による災害などで持って地球の環境のバランスを保つ為に神による警告で自然に人口削減など弊害化石燃料使用を制御するとした人類の抑制しない勝手気ままな中をコントロールする人類を豊かに仕向ける弊害、高コストを伴わない代替エネルギー技術(知的資源)を公開         人類文明社会、進化していかなければ成らない使命の中、先人の時代には考えられなかった発想での定説、重力は単なる落ちる力(位置エネルギー)で在ってエネルギーにはならないと、定説を覆す(位置移動応用エネルギー)、進化した現代社会においては重力が働いているから応用活用できるエネルギーコストの掛からないエネルギー技術応用を発掘できる事を立証しました、進化して重量移動物(自動車、鉄道車両)が生み出され便利な社会に、なお知恵を働かせる事で生み出されたイノベーション技術に繋がる人類努力の賜物となります、後文に続く中に立証して示すものです。

① 発明名称(動力運動エネルギー発生タイヤ)
 車輪(ホイール)が生み出され衝撃を緩和させる為に次々と進化し柔軟性を持ったタイヤにさらに工夫され生み出された、このタイヤの最大と成るエネルギーを発生するとした重要とする地面と接する時のグリップ面の側面(外側面)に車両を支える荷重圧力を外側側面に集中させる為に施されたタイヤ内部のヒステリーシス現象(タイヤ内部の圧力分散)を出来ないように、3点セットパーツ(特許出願中)構造により地面に掛かる荷重圧力を横方面に動力運動エネルギーとしてタイヤが転がる中副作用で発生するエネルギーコストの掛からない価値ある応用活用できるとした機構構造システム、その後の二つの②、③の革新技術へと生み出すことに繋がります
この新タイヤ技術開発により後文にある②,③特許開発技術に応用することで化石燃料をエネルギーとする車両(自動車、鉄道車両)に自給自足で全て電力を又回転アシスト供給する事になりモータ駆動力に替わる為に弊害排気ガスを一切排出しない地球温暖化に抑制し
 そしてその上にエネルギーコスト燃料代が一切発生しない大きな経費削減に繋がります、一般ユーザー、事業所、国民の税金で稼動している公用車全てが対称となる大きな社会変革に繋がる事に、
そして鉄道車両が電力を供給を受けている発電所とくに火力発電所が使用している化石燃料を大きく削減する上に逆に鉄道車両のパンタグラフを還して架線を通じ電力を売電、弊害排気ガス発生、又高価な燃料経費を削減する、何れは火力発電所を閉鎖する事が可能
進化する文明社会電気応用製品で便利にはなってはいますがしかしその電力を供給する方法の弊害排気ガスを発生する火力発電所、一度事故を起こせば後に何時までも大変な被害を被る原子力発電所に大変な負荷を負う事に繋がり豊かさを感受する事にはなっていません、この度の発明名称の動力運動エネルギー発生タイヤ開発技術を持って示していく事に成ります。


② 発明名称(自動車用インホイールジェネレーターシステム)
① の発明技術によりホイールタイヤが転がる事で発生する強力な
圧力往復運動を強力な油圧パワーを活かし油圧シリンダーポンプを用いて回転トルクに変換し油圧タービンを反して発電機インナーローターを回転させ発電するとした軽自動車から大型トラック、バス全てにエネルギーコストの掛からない電力供給機構構造システムを用いる事で駆動力をモータにする事で化石燃料を使用しない事で弊害排気ガスCO2を排出しない地球温暖化防止に大いに貢献いたします又化石燃料を使用しない事は高価な燃料経費を削減する、(一般ユーザー、事業所、国民の税金で稼動している公用車)全てに特に公用車の経費を財政の歳入に振り向ける新たな歳入に繋げる事になります、イノベーション技術と成る自動車インホイールジェネレータシステムが今後に大きく社会変革へと繋げる事になるもの。


③ 発明名称(鉄道車両用インホイールジェネレーターシステム)
① の発明開発技術により鉄道車両の車輪(ホイール)の外輪部分と中
心軸受部との間にこの開発したタイヤを施す事で自動車と同じエネルギーコストの掛からない鉄道車両が移動する車輪(ホイール)が転がりながら副作用で発生する電力供給源となる構造システムを構築したもので技術的内容で自動車より非常に摩擦抵抗が少ない事で平地走行では駆動力モータに電力供給を削減できる、ほとんど電力を必要としないで走行できる発電技術が含まれていますホイールに取り付いているシステムで磁界を越えて先行回転するインナーローターがホイールをアシストする(詳しくは特許出願済後公開にて)発電した電力のほとんどをパンタグラフを還し架線を通じ電力会社に売電する事になります日本全国の,JR、私鉄、地下鉄、路面電車全てがこの技術を応用する事で高価な弊害化石燃料を使用する火力発電所の閉鎖一旦事故を起こせば大変な負荷を何時までも及ぼす危険な原子力発電所を廃炉する事が可能とするこのイノベーション技術が弊害を伴わない、エネルギーコストが掛からない代替エネルギーとなる事で大きく社会変革に繋がります

 これらの①、②、③のイノベーション技術開発によって世界中で困窮している原因は便利に進化してきた電気製品応用に対する電力供給方法に大変なコスト、又弊害が伴って負荷が掛かっている事が解かるのでは、政治政策、政治家、経済学者、技術者が進化していく文明社会に大見地に立って知恵を絞って努力する中に地球、宇宙、人類が
自然システムの中で活かされている事をもっと知る事ではないのかと思いますが現状の神の警告で知らされている数々の災害を気ままに活きている人類が全て現状にマシーンロボットが誤作動状況にあるのではないかと?、補正、修正するのは今しかないのでは?。

 迎える少子高齢化、年金、福祉医療、に対する消費税、税の増税で補おうとする愚かな政治政策は進化している人類文明社会に対応できない愚作であって政治政策ではありません、人類進化する文明社会産業、経済を潤すイノベーション技術の創設しかありません、政治政策のすることは金持ちが貧乏人を、強いものが弱いものを支える税金によるバランス政策を確立する事ではないかと思います。

 補足、現在の日本総原子力発電出力は4,887万KW現状稼動しているのは10㌫程度それで電力を賄えてる状況です、火力発電所の日本総出力は15,898万KW 日本総鉄道車両可動に今回の技術を装着して発電所に又電力が足りない場合は地方ローカル線の車両を乗客が無くても走行を増やす又車両を増量、企業が特定発電設備で小型火力発電で賄っている替わりに企業の工場敷地の周りに鉄道車両を走らせる方法などがあります最初の設備コストは掛かりますが発電する為の技術的内容で経費コストは一切掛かりません、既存のJRの様に人を乗せる、駅、停止発進の必要なく車両の重さが必要に鉄棒20~30トンを載せるだけのシンプルな構造で高コスト、当然弊害化石燃料を使用しなくなり地球温暖化に貢献に繋がります、
現再生可能エネルギーの中に新たなもっともエネルギー効率の良いエネルギーコストの掛からない再生可能エネルギーとなります今回のイノベーション技術を応用活用していただく事が負荷の掛からない豊かさを実感できる文明社会への道筋となります

 一旦事故を起こせば末代まで負荷を伴う危険な原子力発電所の早期廃炉に向けて道筋を又地球温暖化を招くことに成る弊害排気ガス発生、又高価なエネルギー経費コストを招く火力発電所の早期に閉鎖へと繋げる今回のイノベーション技術の日本、人類が総力を上げて末代のために取り組む道筋を示したものです。

追伸
 4 発明名称(重力応用自足走行システム)は日本国特許出願に向けて準備中物件です、これは未知なる技術内容を立証する為に考える中に国際特許出願をいきなりPTC国際特許出願で申請する予定です、プロトタイプ試作品をセニアカーの後輪車軸タイヤホイールを用いて製作する為の設計図又特許出願する為の文献、図面は出来上がっています、重力を応用するとした全くの未知的技術を世界の科学者、技術者に認めさせる為の手法です、これを実用化で応用できる製品として車椅子、セニアカー、軽自動車、大衆車全てに装着する事でほとんど燃料、電力が必要しなくて移動できるイノベーション技術となるものです、前文の2,3の油圧パワーを用いて電力供給技術は大型自動車、鉄道車両に装着するとした技術です、
その他詳しい事は別紙にて
テクノロジー ウィズダム
                         今村 義輝

  

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 3375, today: 2, yesterday: 1
最終更新: 2015-07-20 (月) 01:30:29 (JST) (882d) by EVINFO

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

最近更新したトピックス

人気のトピックス

フィード