電気自動車と電池は明日を拓く

2008年4月15日発表。

地球温暖化の防止、都市環境の改善、化石燃料からの脱却など「環境・資源問題」に有効な電気自動車(EV)の普及に向け、本年3月に、産学公からなる「かながわ電気自動車普及推進協議会」において「かながわ電気自動車普及推進方策」を取りまとめたところです。


今回、同方策において本県の役割と位置づけたEV購入時等の優遇策を「EVイニシアティブかながわ」と名づけ、EVの市販が見込まれる2009年度から「2014年度までに県内3,000台の普及」を目指し、全国最先端の取組を推進することといたしました。


今後、本イニシアティブをもとに、自動車・電池メーカーが一刻も早くEVを市場投入するよう働きかけるとともに、本県の取組みを全国に波及させるため、八都県市首脳会議などにおいて発表してまいります。


地球温暖化を防ぎ、石油に頼らない社会を実現し、騒音や大気汚染の少ない街にするため、2014年度までに電気自動車(EV)を県内に3,000台普及させ、EV社会へのムーブメントを呼びおこします。

1 EV購入時の優遇策 anchor.png

EVを購入する際の負担を軽くします。
(1)購入補助
国の補助金の半額を上乗せして補助します。
(2)税の軽減
自動車取得税及び自動車税の90%を減額します。

Page Top

2 利用時の優遇策 anchor.png

駐車場などの施設を利用する時に、ガソリン車より料金を安くします。

Page Top

(1)有料駐車場の割引 anchor.png

  • 県所管の有料駐車場において50%程度の料金割引を行います。
  • 民間や市町村の駐車場でも料金割引が行なわれるよう、関係者に働きかけます。
Page Top

(2)高速道路料金の割引 anchor.png

高速道路料金の50%程度を割引します。
(県内の区間を、ETCを利用して走行した場合に県が割引相当額をキャッシュバックします。)

Page Top

3 充電インフラの整備 anchor.png

街のいたる所で充電できるよう民間や市町村にも働きかけ、急速充電器と100V・200Vコンセントを様々な場所に設置し、県内に「EV充電ネットワーク」を構築していきます。

  • 急速充電器 県で10基程度、民間企業等20基程度、合計30基整備
  • 100V・200Vコンセント 商業施設や公営駐車場等に合計1,000基を整備
Page Top

4 その他の率先した取組 anchor.png

EVを率先して活用したり、皆さんにEVを知っていただくための催しを実施します。

Page Top

(1)公用車への率先導入 anchor.png

  • 2014年度までにEVを100台公用車として導入
Page Top

(2)県民意識の醸成に向けたイベント・モデル事業 anchor.png

  • EVの特性を知っていただくイベントやフォーラムなどの開催
  • 誰もがEVを手軽に運転・乗車できるように、レンタカー・タクシーなどとして利用するモデル事業の実施

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 3054, today: 1, yesterday: 2
最終更新: 2015-07-20 (月) 01:30:29 (JST) (708d) by EVINFO

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

最近更新したトピックス

人気のトピックス

フィード

track feed 電気自動車と電池は明日を拓く フィードメーター - 電気自動車と電池は明日を拓く