電気自動車と電池は明日を拓く

2: 2015-07-20 (月) 09:30:29 EVINFO ソース 現: 2016-08-06 (土) 09:43:54 evinfo ソース
Line 1: Line 1:
古くからリチウム二次電池を搭載した電気自動車のコンセプトカーを発表するなど、先進的な技術を開発している。しかしながら、低公害車の実用化にはなかなか結びつかず、コミューターカーであるハイパーミニを開発後は、ハイブリッド自動車の実用車市販開始にトヨタ自動車、本田技研に先を越された。また、当時は経営状態も悪化していたため、十分な開発投資が困難であったのかもしれない。 古くからリチウム二次電池を搭載した電気自動車のコンセプトカーを発表するなど、先進的な技術を開発している。しかしながら、低公害車の実用化にはなかなか結びつかず、コミューターカーであるハイパーミニを開発後は、ハイブリッド自動車の実用車市販開始にトヨタ自動車、本田技研に先を越された。また、当時は経営状態も悪化していたため、十分な開発投資が困難であったのかもしれない。
- 
-2009年8月2日に電気自動車「リーフ」を発表。今後開発を加速すると見られる。 
- [[日産自動車>http://www.nissan.co.jp/]] - [[日産自動車>http://www.nissan.co.jp/]]
 +-[[エコカー・日産にはエコカーの進化がそろっている:日産>http://www2.nissan.co.jp/ECOCAR/?rstid=20140314rst010000018_d1]]
-&tag(自動車メーカ); +2009年8月2日に電気自動車「リーフ」を発表。今後開発を加速すると見られる。
----- +
-* 生産体制 [#t4c2b121] +
-** 国内 [#r9798487] +
-** 国外 [#x25419f6] +
-- [[日産、ポルトガルで電池工場の建設に着手 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)>http://response.jp/article/2011/02/12/151783.html]]+
-* 車両開発 [#ad900e5b] +電池開発については、日本電気(NEC)と共同で開発を進めてきた。開発子会社であるオートモーティブエナジーサプライ(AESC)は、2015年度の売上高は約366億円。出資比率は日産自51%、NEC42%、NECエナジーデバイス7%である。
-** 市販車両 [#t28653c6] +
-*** リーフ [#s8cc7007] +
--[[日産「リーフ」の蓄電池容量を保証 5年間10万キロ以下で - SankeiBiz(サンケイビズ)>http://www.sankeibiz.jp/business/news/130607/bsa1306071557006-n1.htm]] +
--[[日産|100%電気自動車「日産リーフ」のバッテリー容量保証を開始>http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2013/_STORY/130607-01-j.html]]+
-発売開始時の内容からは後退している?+今後電池開発については撤退し、開発子会社の売却を予定と報道されている。
->日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は7日、同社の100%電気自動車「日産リーフ」のバッテリー容量保証を、5月31日より開始したと発表しました。 +&tag(自動車メーカ);
-+
-「日産リーフ」は、走行中にCO2などの排出ガスを一切出さないゼロ・エミッション車として、高い環境性能を有すると同時に、力強く滑らかな加速性能、あらゆる速度域で高級車のような静粛性能、優れた重量バランスによる高い操縦安定性などが、お客さまから高い評価を得ています。 +
-+
-今回のバッテリー容量保証は、バッテリー容量の低下が気になるお客さまにも安心してお乗りいただくために実施するもので、5年または10万kmの範囲内でバッテリー容量計が9セグメント(初期は12セグメント)を割り込んだ場合、日産が無償でバッテリーを修理または交換するというものです。本制度は、適応開始日以前に販売された車両もすべて対象となります。 +
-+
-日産はゼロ・エミッション社会の早期実現を目指し、これまでも様々な取り組みを行ってきました。昨年11月のマイナーチェンジでは、一充電走行距離228km(JC08モード)の実現により利便性を向上させるとともに、お求めやすい新グレード「S」を追加しました。さらに今年4月には国内希望小売価格を改定し、約28万円の値下げを行いました。これにより、購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を受給した場合には、約220万円から購入が可能となりました。 +
-+
-また、日産はお客さまの利便性を向上させるため、急速充電器の設置にも積極的に取り組んでいます。国内販売会社での急速充電器設置店舗数は、2013年3月末までに800店舗まで拡大しました。これにより、国内販売会社の3店舗に1店舗以上の割合で急速充電器が設置されたことになります。 +
-+
-「日産リーフ」は、持続可能なゼロ・エミッション社会に向けた新しいモビリティを提案する世界初の量産型EVとして、2010年12月に発売されました。現在までにグローバルで累計65,000台以上を販売している、販売台数世界No.1のEVです。日産は、今後も電気自動車の普及促進に積極的に取り組んでいきます。 +
- +
- +
-- [[電池パックの保証期間8年 電気自動車「リーフ」 - SankeiBiz(サンケイビズ)>http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100729/mcb1007290500001-n1.htm]] +
->日産自動車は、電気自動車(EV)「リーフ」に使用されるリチウムイオン電池パックについて、保証期間が8年になると発表した。 +
->米州事業の責任者、カルロス・タバレス副社長は27日、カリフォルニア州サンノゼでの記者会見で、電気自動車がガソリン車並みに信頼できるという顧客の期待から、初代リーフの電池パックの保証を期間8年もしくは走行距離10万マイル(約16万キロ)にする という決定に至ったと説明した。 +
->日産は米国でのリーフの展開について、今年後半の発売後、最初の1年で少なくとも2万台の販売を目指している。価格は3万2780ドル(約288万円)。 +
->タバレス副社長は、リーフを12月にカリフォルニア州とオレゴン州、ワシントン州、アリゾナ州、テネシー州で発売することを明らかにした。 +
- +
-- [[日産|日産自動車、手頃な価格とニーズを満たす電気自動車「リーフ」を公表>http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2009/_STORY/090802-02-j.html]] +
-- [[NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース-各分野の重要ニュースを掲載>http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081229AT1D2800228122008.html]] +
->日産自動車とNECは2011年以降、電気自動車やハイブリッド車に使う大容量のリチウムイオン電池を年20万台規模で量産する。増産計画を1年前倒しした上で、日米欧に新工場を建設。総投資額は1000億円を超える見通しだ。ホンダも10年代半ばにはハイブリッド用を最大50万台分生産する。新車販売が世界的に極度の不振に陥り、自動車各社の業績は悪化しているが、環境車への投資は優先する。競争力を左右する中核技術である同電池をいち早く量産することで、逆風下の勝ち残りを目指す。 +
-+
-リチウムイオン電池は小型・軽量が特徴。現在のハイブリッド車で主流のニッケル水素電池に比べ、燃費性能や電気自動車の走行距離を大幅に向上できる。 +
- +
-- [[2010年発売の日産EV「静かで透明感のある走りはとても知的で好ましい」 | Response.>http://response.jp/issue/2008/0815/article112654_1.html]] +
->8月8日、日産自動車が先進技術の説明会と試乗会を行った。 +
-+
-原油高によるガソリン価格高騰や、消費者の環境意識の高まりにより、クルマの次世代パワートレインに注目が集まっている。その究極の姿は「FCV(燃料電池車)」など水素系のパワートレインと見られているが、ここ1年のガソリン急騰で存在感が増しているのが、電気自動車(EV)とハイブリッドカーである。今回の先進技術試乗会でも、日産のEVとハイブリッドカーが用意され、実用化間近の“次のクルマ”として紹介された。 +
-+
-まず最初に筆者が試乗したのは、EVの性能確認実験車。これは電気自動車の量産に向けてデータ収集をするための車両であり、見た目はコンパクトカーの「キューブ」である。2010年度の商用化の際には、専用デザインで市販予定だという。 +
-+
-''高容量タイプの新型バッテリー搭載'' +
-搭載されているバッテリーは、日産自動車とNECの合弁会社であるオートモーティブエナジーサプライ社が製造したもの。熱安定性の高いコバルト系のリチウムイオンバッテリーで、ラミネートパックすることで信頼性の向上とコンパクト化を実現している。なお、日産ではEV用とハイブリッドカー用で特性の異なる 2種類のバッテリーを開発しており、EV用は高容量タイプが用いられている。 +
-+
-試乗して、まず感嘆したのは「静かさ」と「スムーズさ」だ。今回の試乗会はテストコース一部を用いて、長距離や高速走行を試すといった趣旨のものではなかったが、走り出しから時速80Km前後の中速域で試すだけでも、EVならではの気持ちいい乗り味が体感できた。電気モーターで走るEVやFCVの場合、パワートレインの出す騒音や振動がない代わりに、インバーターやモーターから高周波ノイズが聞こえてくることがあるのだが、日産のEV試験車両はそのノイズもかなり抑え込んでいる。アクセルの動きに対する反応もリニアで、完成度はかなり高い。「このまま市販してもいいのでは?」と率直に感じたほどだ。 +
-+
-EVに乗る度に感じるガソリンエンジンとはまったく異なる「新しい楽しさ」はここでも健在。モーターによるトルクは十分にあるのに荒々しさとは無縁で、その静かで透明感のある走りはとても知的で好ましい。今のクルマに興味を失った人たちにこそ、EVを体験してもらいたいと思う。 +
-+
-むろん、EVの実用化にあたっては、バッテリーによる航続距離が気になるところだ。日産自動車によると「現在のバッテリーパック構成で航続距離は 160Km程度を想定している。できれば、これを200Km程度まで延ばしたい」(説明員)という。EVを都市部や日常生活のモビリティと考えれば、実用的なレベルと言えるだろう。 +
-+
-''集客やCSRの一環として“EV向け充電サービス”が普及する可能性も'' +
->また、注目すべきは「バッテリーの充電」の部分で、今回試乗したEVはフル充電には約8時間ほどかかるが、バッテリーの80%程度までの充電ならば急速充電を使うことで30分~1時間程度で可能だという。EV向けの充電インフラ整備については、東京電力など電力会社が熱心なほか、様々な企業や事業者が「充電サービスの提供」を打ち出している。 +
-+
-保有車両のEV化を表明した郵便局や、パーク24などコインパーキング事業者、さらに今秋には総合スーパー大手のイオンがショッピングセンター駐車場での充電サービス提供を打ち出している。今後、ショッピングセンターやファミリーレストランなどロードサイドに展開する店舗が、集客やCSR(企業の社会的責任)の一環として“EV向け充電サービスの提供”を行う可能性は十分に考えられる。街のいたるところで充電サービスが広がれば、EVの価値や可能性はさらに大きくなりそうだ。 +
- +
-- [[日産、2010年度発売に向けた電気自動車とハイブリッド車の実験車両を公開 | ライフ | マイコミジャーナル>http://journal.mycom.co.jp/news/2008/08/06/064/]] +
->日産は6日、2010年度に日本及び北米で発売予定のリチウムイオンバッテリーを搭載した独自開発の電気自動車と後輪駆動ハイブリッド車の実験車両を公開した。共に日産とNECの合弁会社オートモーティブエナジーサプライが開発したリチウムイオンバッテリーを搭載している。また、2010年度に発売予定の電気自動車は、既存の車体ではなく、電気自動車用として専用にデザイン、設計された新型車になるとしている。 +
-+
-電気自動車は、2010年には日本と北米で発売、2012年にはグローバルで量産される予定。今回公開された車両は、電気自動車のポテンシャルを確認するための試作モデルとしている。実験車両は前輪駆動方式を採用し、フード内には80kWの新開発モーターとインバーターシステムを搭載し、高いレスポンスと力強い加速を実現しているという。また居住空間を犠牲にしないため、高性能のラミネート型リチウムインバッテリーが床下に配置される。 +
-+
-ハイブリッド車は、後輪駆動方式が採用される。今回公開された実験車両は、同社が目指す「意のままに操る走りの楽しさを追求しつつ、環境性能を向上すること」を目的に開発を進めている後輪駆動ハイブリッドシステムを搭載する。同社のハイブリッドシステムは駆動・回生用を兼ねる1つのモーターとエンジン、トランスミッションを2つのクラッチでダイレクトに接続したハイブリッドシステム。モーターと2つのクラッチを走行モードに合わせて切り替え、モーター走行とエンジン走行、減速時のエネルギー回生を行うことで、大幅な燃費向上を実現すると共に高い動力性能を発揮するとしている。また、エンジンとモーター、トランスミッションがトルクコンバーター等を介さずに直接接続されているため、レスポンスに優れるとしている。 +
- +
-- [[CARMODE NEWS-BLOG: 日産、電気自動車の実験車両を公開>http://carmode-news.carmode.net/article/104288735.html]] +
->日産は6日、2010年度に日本と北米で発売を予定している、リチウムイオンバッテリーを搭載した独自開発の電気自動車の実験車両を公開した。 +
-+
-電気自動車の実験車両は、前輪駆動で80kWの新開発モーターとインバーターシステムを搭載。バッテリーには、NECと共同で開発した高性能ラミネート型リチウムイオンバッテリーを採用、床下に配置することで居住空間を確保している。 +
-+
-今回公開された電気自動車は、「キューブ」をベースにしたものだが、2010年度に発売される電気自動車は、既存の車体を流用するものではなく、電気自動車として専用にデザイン、設計される新型車となるという。 +
-+
-また同時に後輪駆動ハイブリッド車の実験車両も公開。同車両には、駆動用・回生用を兼ねる1つのモーターとエンジン、トランスミッションを2つのクラッチでダイレクトに接続したパラレルハイブリッドシステムを採用している。日産では、後輪駆動ハイブリッド車についても、2010年度に日本と北米で発売する予定である。 +
-+
-このほか、従来の約2倍の出力を発生する新開発の燃料電池スタックも公表。これについては、今年末から車両実験を開始する。 +
- +
-- [[日産・ルノー、ポルトガルでEV販売 地元政府と協力体制 - MSN産経ニュース>http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080709/biz0807091800009-n1.htm]] +
->日産自動車・仏ルノー連合は9日、2011年からポルトガルで電気自動車(EV)を発売すると発表した。これに先立ち、ポルトガル政府とEV普及に向けて協力体制を組むことで合意した。両社は販売地域を広げ、EVにおけるシェア拡大を図る考えだ。 +
-+
-日産・ルノーは11年のEV量販に先立ち、ポルトガル政府と、優遇税制など普及に向けた環境整備▽充電スタンドなどインフラ整備の促進▽教育体制の確立-の3点で合意した。今後、両者間で具体的な協議を進めていく方針。 +
-+
-日産・ルノーは、11年から販売するイスラエル、デンマークの両政府との間で購入者に対する税制優遇措置を図ることで合意している。 +
- +
-** 開発車両 [#ae3ab9bc] +
-*** EV-01 [#w1ab7ea7] +
-#ref(http://response.jp/issue/2008/0815/article112654_1.images/189972.jpg,nolink,mw:300) +
-#ref(http://response.jp/issue/2008/0815/article112654_1.images/189973.jpg,nolink,mw:300) +
-#ref(http://response.jp/issue/2008/0815/article112654_1.images/189974.jpg,nolink,mw:300) +
-#ref(http://response.jp/issue/2008/0815/article112654_1.images/189975.jpg,nolink,mw:300) +
-#ref(http://response.jp/issue/2008/0815/article112654_1.images/189976.jpg,nolink,mw:300) +
-#ref(http://response.jp/issue/2008/0815/article112654_1.images/189977.jpg,nolink,mw:300) +
-#ref(http://response.jp/issue/2008/0815/article112654_1.images/189978.jpg,nolink,mw:300)+
-*** EV-02 [#h38f1dac+* 市販車両 [#t28653c6] 
-#ref(http://journal.mycom.co.jp/news/2008/08/06/064/images/001l.jpg,nolink,mw:300)+** リーフ [#k8f84894
 +-[[日産| リーフ [ LEAF ] Webカタログ トップ>http://ev.nissan.co.jp/LEAF/]] 
 +** e-NV200 [#bc845b71] 
 +-[[日産:e-NV200 [ e-NV200 ] Webカタログ トップ>http://www.nissan.co.jp/ENV200/]]


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 2485, today: 1, yesterday: 1

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

Amazon

最近更新したトピックス

人気のトピックス

フィード