電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/1/19 4:07
見出し
JINERGY、世界初HJT太陽光モジュールが新IEC認証を獲得
リンクURL
https://news.biglobe.ne.jp/economy/0119/dre_180119_2088420221.html JINERGY、世界初HJT太陽光モジュールが新IEC認証を獲得への外部リンク
記事詳細
1月8日、本社が中国山西にある、太陽光発電モジュール業界をリードするメーカー、晋能清潔能源科技有限公司(以下「JINERGY」と略称する)は、当社が革新を行い、研究開発したHJT単結晶両面発電ダブルガラス太陽光発電モジュールがドイツラインランドTÜV(以下「TÜVラインランド」と略称する)の新しいIEC標準テストに合格し、太陽光発電業界で初めてHJT単結晶両面発電ダブルガラス太陽光発電モジュールの新しいIEC標準の認証を取得した企業となったことを正式に発表しました。JINERGYが多年に渡り、産業先端技術の革新に専念したことを認めてくれただけではなく、JINERGYのHJT技術が発電効率、信頼度など多方面における、国際レベルの権威のある第三者機関からの認可でもあります。

国際電気標準会議は2016年に、新バージョンのIEC61215:2016とIEC61730:2016太陽光発電モジュール性能と安全標準を公開し、太陽光発電モジュール製品の設計と生産に対して、更に高い要求を出しただけではなくて、太陽光発電市場の発展を更に規範化するために新しい参入制限を設立しました。業界の最前線技術の風向計として、JINERGYは常に技術世代交代の発展戦略を厳格に守り、高効率多結晶、高効率単結晶PERC、超高効率ヘテロ接合(HJT)という3世代のトップクラス技術構成を実現しました。その中でも、HJT技術は将来、太陽光発電技術が25%の高レベル効率へ移行する方法と見なされています。

現在のN—PERT、IBCなどの超高効率技術と比較すると、HJTヘテロ接合技術は工程が簡単、光誘起劣化も経年劣化もない、温度係数が低いなど多数の利点を有します。また、両面発電の特性を備えるため、芝生地、コンクリートの地面、雪上などの異なる環境において、発電量が8%—20%高まります。ダブルガラスとヘテロ接合技術を結び合うことで、根本からPID現象を無くしながら、この技術の全体的な発電量を一般製品に比べて44%高めるようにしています。量産初期段階の後に、HJT効率の向上余地とコストダウン余地は更に一歩拡大すると予測されています。

JINERGYの社長、楊立友博士は、「たくさんの高効率技術のうち、両面発電型HJT超高効率モジュールは、1キロワット時あたりの発電コスト低減を促進する最適なソリューションです。現在、HJT両面発電モジュール(72枚)の量産出力パワーはすでに400Wに達し、電池の量産効率は22.5%を超えました。」と語りました。楊立友博士は、今年、高効率ヘテロ接合製品の全体的なコストと一般多結晶製品とのギャップが30%まで縮小する見込みがあり、将来、このギャップが恐らく20%まで縮小することも可能であると予測しています。超高効率ヘテロ接合モジュールでコストダウン効果を上げることにより、平価買取時代の到来を加速させることができます。

JINERGYは、2月28日-3月2日に、東京Big Sightで開催されるPVEXPOに参加し、E51—27展示場にてHJTモジュールと最新の研究成果を展示します。皆様のご来場を心よりお持ち上げております。

晋能清潔能源科技有限公司について

晋能清潔能源科技有限公司(以下は「JINERGY」という)は2013年12月31日に設立され、晋能グループ内のグリーンエネルギー分野の製造企業として、世界トップの太陽光発電システムメーカー及びグリーンエネルギーサプライヤーを目指しています。

JINERGYは国家「千人計画」の専門家、国内外の太陽光発電産業の専門家と優秀な人材から組まれた研究開発と運営管理チームを有して、技術世代交代の中核的戦略を徹底させています。当社は、技術革新とリーン生産の理念によって、技術・コストの面で最も競争力のある企業となり、世界トップ5%の電池・モジュール生産能力を構築し、第1陣で太陽光発電先駆者認証を得ました。

2017年末まで、当社の文水生産基地は、1.3GWの太陽電池とモジュールの生産能力を有し、高効率多結晶シリコン太陽光発電280Wモジュール、高効率PERC単結晶305Wモジュールの大規模量産を実現しました。2017年、当社の晋中にある超高効率ヘテロ接合電池とモジュール生産基地は順調に稼働開始し、これから3年内で、生産能力がGWレベルに達するとともに、超高効率ヘテロ接合モジュールの生産コストが0.4ドル/ワットにまで下がり、太陽光発電のキロワット時あたりコストを突破していきます。

中華人民共和国山西省呂梁市文水経済開発区1号
代表電話:+86(0)358-3300916

Email:sales@jinergy.com
ホームページ:http://jp.jinergy.com/site

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

広告

雪道トラブルバナーvar url=document.location.href;document.write('');