電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/1/21 0:04
見出し
スキー・ジャンプ、小林陵16位 フライング世界選手権
リンクURL
http://www.the-miyanichi.co.jp/news/Sports/2018012101001063.php スキー・ジャンプ、小林陵16位 フライング世界選手権への外部リンク
記事詳細

2018年01月21日08時46分

 【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキー・ジャンプ男子のフライング世界選手権は20日、ドイツのオーベルストドルフで個人(ヒルサイズ=HS235メートル)の後半が行われ、日本勢は小林陵侑が3回目に165・5メートルを飛び、合計528・4点で16位となったのが最高だった。

 最終4回目の競技は風の影響で中止となり、19日の前半2回と合わせた3回の成績で順位が決まった。45歳の葛西紀明は3回目に209メートルをマークし、493・6点で25位。小林潤志郎は408・7点で29位だった。ダニエルアンドレ・タンデ(ノルウェー)が651・9点で初優勝した。

【写真】 小林陵侑の飛躍=オーベルストドルフ(ロイター=共同)


全国のニュース

今週のファッションチェック:中村アン “華やか上...

トマト栽培、豪州でも成功 本郷出身の大熊さん

貴重な拓本 初公開 高崎で三碑ゆかりの遺物展示

ドローン操縦、安全に 北上・人材育成校が開校

ツインズオーナー、ダル獲得承認

【Wリーグレギュラーシーズン第10週】トヨタ紡織が...

<速報>S・ガルシア、後続に5打差の単独首位 小...

宇崎竜童:「99.9」に安達祐実とゲスト出演 容疑...

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

広告

雪道トラブルバナーvar url=document.location.href;document.write('');