電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/1/22 3:00
見出し
広州汽車、SUVタイプのコンセプトEVを公開
リンクURL
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/120600161/011900033/ 広州汽車、SUVタイプのコンセプトEVを公開への外部リンク
記事詳細

この記事は日経エレクトロニクス購読者/日経ものづくり購読者/日経Automotive購読者/日経テクノロジーオンライン有料会員限定ですが、2018年01月23日まではどなたでもご覧になれます。

 中国広州汽車集団(GAC社)は2018年1月15日、SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)タイプの電気自動車(EV)のコンセプト車を、デトロイトモーターショー2018(NAIAS2018:一般公開は2018年1月20~28日)で公開した(図1)。

図1 コンセプトEV「Enverge」

[画像のクリックで拡大表示]

 同コンセプトEV「Enverge」は北米市場向けに開発した4WD(四輪駆動)車。10年以内に北米で発売する計画だが、「発売時期は現時点では未定」(同社の説明員)とする。米Tesla社のSUVタイプのEV「モデルX」が競合車になる。

 容量71kWhのリチウムイオン電池を搭載し、1回の充電からの航続距離は370マイル(約595km)である。10分間の急速充電でも、240マイル(約386km)走れる。非接触充電に対応する。駆動用モーターの最高出力は240hp(約170kW)、最高速度は160km/hとなっている(図2)。

図2 コンセプトEVのリアビュー

[画像のクリックで拡大表示]

 競合車であるモデルXは、リチウムイオン電池の容量が100kWh、航続距離が565km、最高速度が250km/hである。最高出力や最高速度はモデルXの方が大きいが、航続距離は同コンセプトEVがモデルXを上回る(図3)。

図3 車コンセプトEVの内装

[画像のクリックで拡大表示]

 一方、モデルXはリチウムイオン電池の容量が100kWh、リアモーターの最高出力が375kW、フロントモーターの最高出力が193kW、最高速度は250km/hである。当たりの航続距離は562kmとなっている。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

サイト内検索

検索オプション

スポンサードリンク

広告

雪道トラブルバナーvar url=document.location.href;document.write('');