電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2020/9/17 0:15
見出し
【新製品】穴があいても使える。新たな電池、生産体制整う。
リンクURL
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000065789.html 【新製品】穴があいても使える。新たな電池、生産体制整う。への外部リンク
記事詳細
リチウム鉄リン系複合酸化物という、全く新しい電池。世の中にはバッテリーを用いた製品が溢れていますが、衝撃や使用環境などにより、発熱、膨張、発火の危険をはらんでいるものばかりです。事実、航空機に持ち込みが禁止されているバッテリーや、自動車の頑丈なフレームの中におさめなければならないバッテリーだったりと、身近なものとして割にその危険性は高いのです。
 

そのためバッテリーは、セルに釘を刺すなどの衝撃を与え、無事に破棄できるかの検査を行うことがあります。本製品はその検査で釘を刺して異常が起こらないことはもちろん、その後も安全に使えることを確認した、安全性に優れたバッテリーです。弊社ではその大きな特徴を活かし、家庭用の蓄電池や輸送機のバッテリー、災害向けのバッテリーなど幅広い分野での普及を目指し、研究、開発、生産を進めています。

 

Let's block ads! (Why?)