電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2020/11/21 23:37
見出し
2025年までにすべてのトラックを電気と燃料電池モデルにするとボルボが発表
リンクURL
https://blog.evsmart.net/electric-vehicles/all-volvo-trucks-will-be-electric-or-fuel-cell-by-2025/ 2025年までにすべてのトラックを電気と燃料電池モデルにするとボルボが発表への外部リンク
記事詳細

元記事:Full Line Of Volvo Trucks To Go Battery Electric, Hydrogen Fuel Cell By 2025 by Jo Borrás on 『CleanTechnica

環境ニュートラルへの大きな一歩

先週、ボルボ・トラックは早くて来年からすべての大型トラックモデルで電気ドライブトレイン付きのものを発売すると表明しました。この動きはヨーロッパで化石燃料使用から脱却し、2040年までに完全な『環境ニュートラル』になるというボルボのコミットメントへの大きな一歩と見られます。

ボルボの電気トラック。画像はボルボ・トラック公式より。

ボルボ・トラックは現在、アメリカ人にはお馴染みのマック・トラック版モデルと同時進行で、大型とセミトレーラーモデルであるボルボFH、ボルボFM、ボルボFMXの運用テストを行っています。すべて、大きなトラックです。中には総重量が40トンを超えるものもあり、一充電での航続距離が200マイル(約320km)程度になります。

1日に1,000km以上を走るようなディーゼル車に取って代わるには、確かにこれでは十分ではありません。しかしもっと短い距離用だとしたら、力強いトルク感より欲しいものがあるでしょうか? 倉庫から70~80km離れた建築現場に機材を運ぶセミトレーラーを考えてみてください。ボルボの電気トラックはこれに適しており、大型EVがもっと出てくれば、この現実はさらに明白になります。

ボルボ・トラック・グローバルの代表取締役であるRoger Alm氏は「大型の電気トラックを急いで増やし、顧客や運送業のバイヤーが持つ大きな持続可能性のゴールを達成する手伝いをしたいのです。私達はこの業界を持続可能な未来に向けて進めていくと決めています」と語りました。

このニュースはボルボ・トラックがダイムラー・トラックの水素燃料電池ビジネスを共同で行うと発表した後に続いたもので、社がゼロ・エミッション車両への転換に向けた準備段階をすでに終えていることを示しています。それどころか、ラスベガスで言うところの“オールイン”をした(※すべてを賭けた)のです。

Alm氏によると、「環境に交通が与える影響を減らすには、化石燃料から電気などの代替物に即座に切り替える必要があります。しかしこの動き、ひいてはそのペースに関する条件は、車種や市場によってかなり違ってきます。経済的なインセンティブ、充電インフラへのアクセスのしやすさ、交通運用のタイプによって違いが生まれます」。経済的な障害、車両の古さに加えて上記のような違いが加わり、化石燃料からのシフトは緩やかに起きると氏は考えています。この変化に直面した、物事を先取りして考える車両責任者を落ち着かせるために彼が強調したのは、ボルボのトラックはドライブラインにとらわれない、つまりある会社がすでにボルボのディーゼルトラック用に特別にデザインした積荷用アームを作っていたら、新しい電気ボルボ車にもそのまま使える、ということです。

Roger Alm氏。画像はボルボ・トラック公式サイトより。

「シャーシは、ドライブラインから独立しています。顧客は同じモデルでも違うタイプのボルボ製トラックを買うことができます。その違いは電気なのか、ガソリン又はディーゼルで動くのか、のみとなります。私達の主なタスクは、電気自動車へのシフトを簡単にすることです。そのためにも経路プラン、適切に選ばれた車両、充電設備、料金、サービスを含む総合的ソリューションを提供していきます。販売店のグローバルネットワークやサービス・ワークショップとともに提供する長期のセキュリティが、かつてないほど重要になるでしょう」とAlm氏は話しました。

私は良い計画だと思いました。皆さんはどう考えますか? ボルボのような大きい会社には、BEVと水素燃料の両方を使ったアプローチが良いのか、それともテスラやニコラのような、1つのアプローチに特化した方法が正しいのでしょうか。あなたの考えをお聞かせください。

(翻訳・文/杉田 明子)

Let's block ads! (Why?)