電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/6/14 8:52
見出し
日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能に
リンクURL
https://pps-net.org/column/60338 日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能にへの外部リンク
記事詳細

2018年06月14日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能にの写真

日立造船は6月、国内最大となる200Nm3/hの水素を製造できる固体高分子型水素発生装置を開発したと発表しました。これにより、メガワット級の発電施設において「Power to Gas」による余剰電力の貯蔵を可能とします。今年度に実証実験を開始し、来年度の販売開始を目指すとしています。

メガクラスの再エネ発電所で「Power to Gas」

大規模なメガソーラーや風力発電所になると、わずかな出力変動でもMWレベルになり、蓄電設備もその規模に対応できる性能が必要とされます。大容量向けとして期待されている蓄電池には例えば、NAS電池、レドックスフロー電池といったものがあります。

NAS電池は、エネルギー密度が高く、電解質が固体のため自己放電がない等の特徴を持ちます。一方で、モジュール電池内部は約300℃となり、火災事故が発生した事例もあるため、特に安全性に対して対策をとるべき蓄電池の1つです。

レドックスフロー電池は、エネルギー密度が低いため小型化は不向きなものの、サイクル数が1万回以上と圧倒的に高いです。また、バナジウムやクロムなど燃焼性の低い物質を使うため、安全性にも優れています(図1)。

各種二次電池の比較

図1 各種二次電池の比較 出典:電気学会

再エネの余った電力を貯めておく手段として、蓄電池を使うほかにも「Power to Gas」があります。「Power to Gas」は、再生可能な電力から水素や合成メタンを製造する技術であり、例えば水電解は電力エネルギーにより水を分解して水素を取り出します。

この取り出した水素は、燃やしても水しか生成しないため、クリーンエネルギーとして利用が注目されています。こうした中、日立造船は6月、国内最大となる200Nm3/hの水素を製造できる固体高分子型水素発生装置を開発したと発表しました(図2)。これにより、メガワット級の発電施設において余剰電力の貯蔵を可能とします。今年度に実証実験を開始し、来年度の販売開始を目指すとしています。

装置が入った40フィートコンテナ

図2 装置が入った40フィートコンテナ 出典:日立造船

可搬式のため設置コストが安価

水素発生装置は、風力発電など、再エネによって生み出された電力の余剰分を、水の電気分解により水素として貯蔵することができます(図3)。今回の装置は、国内最大となる200Nm3/hの水素製造能力を有し、メガワット級の電力変換に対応した国内初の製品です。また、高純度の水素(純度99.999%-dry)を製造可能です。

日立造船によると、心臓部である電解槽の大型化に関しては、同社の持つ電解技術とフィルタープレスの技術を融合させることにより、開発に成功したとしています。また、40フィートコンテナに収納した可搬式であり、ボンベの運搬・保管・交換が不要のため、設置コストが安価というメリットを持ちます。

(左)水素製造の仕組み、(右)固体高分子型電解槽

図3 (左)水素製造の仕組み、(右)固体高分子型電解槽 出典:日立造船

2019年度から販売開始の予定

日立造船は、1974年のサンシャイン計画から一貫して水素発生装置の開発に取り組んできました。2000年には水素発生装置「HYDROSPRING」の販売を開始しています。そして今回、水素需要の増加を見据えて大型固体高分子型水素発生装置を開発しました。

今後の予定については、本年度、柏工場において性能確認試験や耐久性試験などの実証実験を行います。そして2019年度から、本格的に販売を開始する予定です。

日立造船は、二酸化炭素と水素を反応させてメタンを生成する「メタネーションプロセス」の開発にも取り組んでいます。今後も、再エネ普及を積極的に推進し、2030年の再生可能エネルギー導入目標22~24%にも寄与するとしています。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

関連する記事はこちら

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月08日

新電力ネット運営事務局

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力

6月8日、NEDOと日立造船は、次世代浮体式洋上風力発電システムのバージ型浮体を完成させたと発表しました。バージ型浮体は、一般的なセミサブ型と異なり、水深50m程度の浅い海域でも設置可能です。今夏、北九州市沖に実証機を設置し、今秋頃からの実証運転を開始する予定としています。

太陽光発電モジュールの国内出荷量、3年連続の減少、ピーク期の6割にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月29日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電モジュールの国内出荷量、3年連続の減少、ピーク期の6割に

太陽光発電協会(JPEA)は5月、2017年度の太陽電池出荷量に関する調査結果を発表しました。ピーク期の2014年度には9872MWもの出荷量がありましたが、2017年度には5670MWと約6割まで減少しており、FITの価格低下が大きな要因であると考えられます。

自然エネルギー財団、「企業や自治体による自然エネルギー調達ガイドブック」を発行の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月14日

新電力ネット運営事務局

自然エネルギー財団、「企業や自治体による自然エネルギー調達ガイドブック」を発行

近年、欧米の有力企業を中心に再エネ電源の調達が活発化しており、日本でも同様の動きが広がりつつあります。今回、「自然エネルギーの電力を効率的に調達するためのガイドブック」をまとめた自然エネルギー財団の石田雅也氏に、ガイドブックを作成するに至った背景や、日本における再エネ調達の現状をお伺いしました。

旭化成、再エネから作る「グリーン水素」実証プロジェクトを本格始動の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月08日

新電力ネット運営事務局

旭化成、再エネから作る「グリーン水素」実証プロジェクトを本格始動

旭化成は5月、風力模擬電源を使ってアルカリ水から水素を生成する「グリーン水素」の実証プロジェクトを開始したと発表しました。ドイツ連邦共和国NRW州ヘルテン市にある水素関連技術開発拠点「h2herten」にて実証が行われます。