電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/8/10 13:00
見出し
NEDO事業で水素エネルギー研究フィールドを建設
リンクURL
http://www.eco-front.com/news_esLNl8mncg.html NEDO事業で水素エネルギー研究フィールドを建設への外部リンク
記事詳細

1万kWの水素製造装置を備え、2020年から実証運用

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)は8月9日、東芝エネルギーシステムズ、東北電力および岩谷産業とともに、「福島水素エネルギー研究フィールド」の建設を開始したと発表した。

再生可能エネルギーの導入拡大に伴い出力制御量も増大、需要供給のバランス調整や電力貯蔵の必要性が増している。水素は電力を大量かつ長期に貯蔵することができ、長距離輸送も可能だ。

福島県浪江町で建設中の施設には、再生可能エネルギーを利用した世界最大級となる、1万kWの水素製造装置を備える。工事は2019年10月までに完成、その後試運転を行い、2020年7月までに施設の実証運用と水素の輸送を開始する予定だ。

製造から利用までCO2フリーのシステムの確立を

完成後の施設では、水素利用における技術課題の確認や検証を行う。システムで製造された水素は、燃料電池、燃料電池車や工場など、様々な用途で利活用される。
タイナビNS
市場における水素需要予測に基づいて水素を製造・貯蔵し、電力系統の需給バランス調整を行うことが、実証運用の最大の課題となる。

NEDOと3社はこの取り組みを通じて、CO2フリーの水素社会の実現を目指す。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

NEDO リリース
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101007.html