電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2018/9/14 6:26
見出し
電力小売実務トラブル回避の処方箋
リンクURL
http://www.eic.or.jp/event/?act=view&serial=36617 電力小売実務トラブル回避の処方箋への外部リンク
記事詳細
【重点講義内容】

?. 小売電気事業者間で発生している昨今のトラブル事例とその影響

ENECHANGE株式会社 エネルギーマネジメント事業本部 法人ビジネス部
フィールドセールスチーム マネージャー
神島 健太(かみしまけんた) 氏

【14:00〜15:25】

JEPXにおける西日本エリアの価格高騰や福島電力の撤退などを受け、バランシング・グループへの考え方が変化しつつあります。環境の変化を受け、ENECHANGEは電力業界のプラットフォーマーとして、様々な小売電気事業者様とのネットワークを活かし、バランシング・グループをはじめとした仲介サービスの提供を行っています。本講義では各社が抱えるトラブルなどの課題と今後の展望について、委託側と代表契約者側の両視点からご紹介いたします。

1.ENECHANGEの取り組み
2.バランシング・グループの現状
3.小売電気事業者(委託側)の課題とニーズ
4.代表契約者側の課題と今後の展望
5.質疑応答/名刺交換

?. 電力小売トラブルを未然に防ぐためにすべきこと 〜電力小売ビジネスを賢く円滑に進めるために〜

森・濱田松本法律事務所 オブ・カウンセル 弁護士
市村 拓斗(いちむら たくと) 氏

【15:35〜17:00】

小売全面自由化から2年半が経とうとしています。その間、電力小売への参入は500社を超え、電力小売市場の競争が激化しており、需要家とのトラブルやバランシング・グループ内部でのトラブル等も発生しています。
そこで、本セミナーでは、電力小売について数多くの相談を受けている講師が、最近のトラブル事例を踏まえ、電力小売トラブルを未然に防ぎ、電力小売ビジネスを賢く円滑に進めるにあたって押さえておくべきポイントを分りやすく解説します。

1.小売全面自由化後の状況
2.最近のトラブル事例
3.最近のトラブル事例から何を学ぶべきか
  〜押さえておくべきポイントとは〜
 (1)電力小売販売
 (2)バランシング・グループ
4.質疑応答/名刺交換

【講師プロフィール 】

神島 健太(かみしまけんた) 氏
2015年に株式会社エプコへ入社。新電力の立ち上げ支援やスマートコミュニティのFS事業に従事。
2016年からENECHANGE株式会社へ出向し、最大級の法人向け電気料金一括見積もりサービス「エネチェンジBiz」の立ち上げに参画し、20社以上の小売電気事業者との提携を行う。構築されたネットワークを活用し、2018年からBG仲介サービスを立ち上げ、現在展開中。現職:エネルギーマネジメント事業本部 法人ビジネス部 フィールドセールスチーム マネージャー

市村 拓斗(いちむら たくと) 氏
2011年11月〜2013年6月まで資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部新エネルギー対策課へ出向(固定価格買取制度(主として契約拒否事由・モデル契約書)を担当)。2013年8月〜2015年7月まで資源エネルギー庁電力ガス事業部政策課電力・ガス改革推進室へ出向。在任中は、小売全面自由化の詳細制度設計、法的分離の制度設計などを担当。現在は、バランシング・グループの契約関係を含め電力小売に関する相談を多数受任。経済産業省資源エネルギー庁「エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス検討会」有識者委員、電力広域的運営推進機関「地域間連系線及び地内送電系統の利用ルール等に関する検討会」「容量市場の在り方等に関する検討会」「需給調整市場検討小委員会」委員等。

※法律事務所ご所属の方は、お申込みご遠慮願います。