電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2019/12/3 7:18
見出し
最新・毛玉取り機が超進化。軽いし静かなのに、ごっそり取れる
リンクURL
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6249777 最新・毛玉取り機が超進化。軽いし静かなのに、ごっそり取れるへの外部リンク
記事詳細

 冬になり朝晩の寒さが辛い一方で、洋服は重ね着などが楽しめる季節となりました。しかし、一方で冬服には毛玉がつきやすいもの。どんなにステキな洋服も毛玉が見えると途端にオシャレが台無しになってしまいます。


写真はイメージです


 そこで今回は、人気の毛玉取り機を実際に使ってみたレビューをお送りします。

※価格は全て税込み価格、編集部調べ(11月28日時点)

◆満足度92%!*1「毛だまトレタ」2178円
 今回は、我が家で眠り続けていた毛玉だらけのスウェットで、毛玉の取れ具合を試してみたいと思います。


TESCOM「毛玉クリーナー【毛だまトレタ】/KD501」(2,178円)(画像:テスコム公式通販サイトより)


 最初に試してみたのが、TESCOMの「毛玉クリーナー【毛だまトレタ】/KD501」(2,178円)です。

◆とにかくコンパクト 電池を入れればすぐに使える
 この「毛だまトレタ」ですが、使ってみて何が感動したかと言えば、とにかく使い方がカンタンということです。商品の箱を開けて、単三電池を2本入れてボタンを押せばすぐに毛玉が取れます。仕様がとにかくシンプルです。

 取った毛玉は、本体についている透明のダストボックスにはいるのですが、ダストボックスをスライドすれば、簡単にゴミ箱に捨てられます。ダストボックスが透明なので、ゴミを捨てるタイミングも一目瞭然でとても便利です。オールシーズン使うわけではない電化製品は、使うたびについついまごついてしまうので、このシンプルな設計はかなり高ポイントです。サイズも小さく、乾電池式なので持ち運びにも優れています。

◆パワフルで小回り◎
「毛玉トレタ」の使用感ですが、本体が小さいので小回りがきいて、ガシガシ毛玉がとれます乾電池式にも関わらず、パワフルなので力を入れることなく、毛玉が切り取られていきます。小回りがきくため、裾や腰回りのカーブでこぼこした箇所についた毛玉もするすると取ってくれます。毛玉だらけのスウェットも新品みたいにツルツルになりました。


「毛だまトレタ」使用前



「毛だまトレタ」使用後


 個人的にはやはり、小回りがきくという点がかなり使いやすく、狙った範囲の毛玉が確実に取れてよかったです。この要領でソファの毛玉も問題なくとれました。ただし、ソファなどの範囲が広いものは、もう少し大きいサイズの毛玉取り機のほうが便利なのかもしれません。パワフルゆえに音も少し大きめです。

◆おもしろいぐらいに毛玉が取れる「毛玉とり Hoosoome」2099円
 次に試してみたのが、Amazonでも人気の商品 「Hoosoome」(2,099円)です。直径65ミリの大型刃がウリのこの商品は、サイズも少し大きめなのですがとにかく軽いです。


「毛玉とり Hoosoome」2099円(画像:amazonより)


 サイズは先ほどの『毛玉トレタ』よりもひとまわり大きいものの、重さは「Hoosoome」のほうが軽いです。超軽量!

 軽くスウェットに置いて、すべらせるだけでカンタンに毛玉が取れていきます。するすると毛玉が取れていくので、生地を切っている感じもしません。刃の直径が大きいので、あっという間に広範囲の毛玉がなくなりました。音も控えめで、毛玉取り機特有のバリバリ」という音も気になりません。スルスルと面白いほど毛玉が取れました。軽量で音も静かです。とにかく毛玉がよく取れます。

◆電池の消耗を気にしないで一気に使える
 こちらの商品はUSBで充電でき、電源コードもついているので気がついたときに、すぐに使えるのがいいです。電池がない~なんて心配はありません。気持ち良いくらい毛玉がよくとれるので、クローゼットから毛玉の気になる冬服を取り出して、無心で毛玉を取っていました。


「毛玉とり Hoosoome」使用前



「毛玉とり Hoosoome」使用後


 こちらの商品はサイズが少し大きいので、広範囲の毛玉を取るには最適なのですが、裾まわりやカーブなどの細かいところは、手の向きなどを何度も変えて毛玉をとることになります。ここが大きめ刃のデメリットかもしれません。

 とはいえ、するすると毛玉は取れます。

 数年ぶりに毛玉取り機を使用したのですが、最近の毛玉取り機は驚くほど進化をしていました。どちらの商品もコンパクトで使いやすく、カンタンに毛玉が取れて衣類がよみがえります。無駄に生地を削り取っていくわけではなく、ひっかかりもありませんでした。

 冬のオシャレをもっと楽しめそうです。

◆編集部員も試してみた


 編集部員は二つのうち、「満足度92%」の真髄を見るべく、「毛だまトレタ」を実際に購入して試してみたところ……。


(左)使用前(右)使用後


 Tシャツの首もとの気になる毛玉も、愛猫がくつろぐソファーのカバーの毛玉もするっとサヨナラしてくれました。


ソファーでくつろぐ愛猫



(左)使用前(右)使用後


 タイツの毛玉も履いたまま取れるそうなので、ひとしきり衣替えの毛玉取りを終えた後も、活躍してくれそうです。ただ、大量に、そして広範囲にかけたいのであれば「Hoosoome」のような大きな刃が特徴の物のほうがよかったかもしれないな……とも思いつつ、無心に夏用のベッドカバーの毛玉を取り続けました。

*1:TESCOM購入者お客様アンケート結果(N=375)

<文・写真/瀧戸詠未>

【瀧戸詠未】ライター/編集者。趣味は食べ歩き・飲み歩き。

Let's block ads! (Why?)