電気自動車と電池は明日を拓く

切り抜き詳細

発行日時
2020/2/13 7:52
見出し
新型肺炎を制御するの医療チームを支援するために、ジンコソーラーが1200万元を寄付した
リンクURL
https://www.dreamnews.jp/press/0000210101/ 新型肺炎を制御するの医療チームを支援するために、ジンコソーラーが1200万元を寄付したへの外部リンク
記事詳細
2020年2月13日、ジンコソーラーは新型肺炎(COVID-19)の予防と管理を支援するために1200万元を寄付した。新型肺炎の発生は、社会各業界から大きな注目を集めております。 全国が「新型肺炎」と闘うために協力したとき、世界でリードする太陽光発電会社であるジンコソーラーは、社会的責任を意識的に実行し、常に新型肺炎の予防と制御の進展を注目しています。

新型肺炎の流行の予防を支援するために、湖北省の地元医療スタッフおよび湖北医療支援チームに向けのチャリティプランが開始されました。計画により、ジンコソーラー株式会社が700万元、代表取締役の李仙徳青苗基金とCEO陳康平個人と共に500万元、合計1200万元は上海市赤十字、江西省赤十字、浙江省赤十字、玉環市赤十字、上饒慈善団体、海寧慈善団体に寄付され、武漢の地元の医療スタッフとその家族への補助金として使われます。

新型コロナウイルスによる肺炎との戦いの中で、日本をはじめとして、世界各国は中国に向けた支援物資を発送し、友好的な協力関係が体現されました。そして中国企業は、強い社会的責任感と責任を取る勇気を示しています。 ジンコソーラーは、初心を忘れず、しっかり使命を覚えています。これからも引き続き新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制に注目し、世界の人々と共に健康で幸せな未来を期待します。

代表取締役李仙徳は「非難をしない、差別をしない、噂を広めない、邪魔をしない、ジンコソーラーの世界中の15,000人の従業員と、3,500人以上の顧客、約1,000のサプライヤーとパートナー、および数万人の投資家が団結し、感染防止対策の推進に力を尽くしています。新型コロナウイルスへの「戦い」、勝ちます。 SARSは世界の終わりだと思っていたが、生き延びます! 今回もきっと間違いなく勝ちます。人間を叩き潰すのは災害ではなく、無関心です!」と表示しました。

「息をするのは当然のことではありません、君に会えるのも当たり前のことではありません、国が安穏無事であるのはあり得ないことです。医療スタッフ全員に敬意を持つべきです。彼らは人々の健康と幸せを守っています!」とジンコソーラー CEO陳康平がコメントしました。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他諸国にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションサービスを提供、販売しています。2019年9月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築し、年間生産能力は、シリコンインゴットとウエハーが14.5GW、太陽電池が9.2GW、太陽光発電モジュールが15GWに達しています。

生産拠点は世界で6ヶ所あり、日本(2)、シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦と15か所の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、ナイジェリア、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員12,000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、このプレスリリースの原稿の提供するいかなる資料は発表日を切って有効で、いかなる将来見通しに関する記述を更新たり、公に改訂する義務を負わないものとします。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

Let's block ads! (Why?)