電気自動車と電池は明日を拓く

インドTata Motors社がジュネーブモーターショー2009(79th Geneva International Motor Show、一般公開日:2009年3月5~15日)で発表した電気自動車。2009年9月に欧州で発売予定。

techon.nikkeibp.co.jp_01.jpg


  • 【ジュネーブショー】Tata社、2009年9月に欧州で発売するEV「Indica Vista EV」を発表 - グリーン・カー - Tech-On!

    インドのTata Motors社は、ジュネーブモーターショー2009(79th Geneva International Motor Show、一般公開日:2009年3月5~15日)で、電気自動車(EV)の「Indica Vista EV」を公開し、同社会長のRatan Tata氏が「2009年9月に欧州で市販する」と明言した。


    車両の詳細スペックは発表しておらず、同社関係者によると詳細は2009年5月にノルウエーで開催される電気自動車に関するシンポジウム兼展示会「EVS24」で公開する予定。


    同社について、発表会場にいたノルウエーのMiljobil Grenland社Marketing ManagerのHarald Meland氏から各種のコメントを取ることができた。同社は1997年にオスロの南方約150kmの街、Porsgrunnに設立した2次電池事業会社で、2008年に同社の発行株72%をTata社が購入し、子会社化された。


    2次電池については、過去にフランスPeugeot社やRenault社に納入しており十分なノウハウがある。今回Indica Vista EVに搭載するLiイオン2次電池のセルは、カナダElectrovaya社が開発したLiポリマタイプ。セルサイズは、幅約15cm、高さ約20cm、厚さ約1.5cm。一つのモジュールに120個のセルを使い、Indica Vista EVでは二つのモジュールを搭載する。電池容量は約26kWhで、航続距離は160~220kmとしている。価格は未定だが2万5000ユーロ(1ユーロ 123円換算で308万円)程度を目指しているようだ。


    Liイオン2次電池の生産工場は、2009年末までに完成させ量産体制を敷く。またその工場に隣接して、車両組み立て工場も新設する計画だ。モータと制御システムは、カナダtm4社から供給され、車体はTata社のインドPune工場から持ち込む。現在ノルウエーは海外からの自動車部品への税制優遇処置が実施されており、Tata社はこれを有効利用したい考えだ。


    量産車の販売は2010年となる見込みで、2009年は業務用車両など少量販売の開始を意味すると見られる。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 152, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:01 (JST) (590d) by evinfo