電気自動車と電池は明日を拓く

三菱自動車のプラグインハイブリッド電気自動車のコンセプトカー。第41回東京モーターショーで発表される。

car.watch.impress.co.jp_01.jpg
  • Car Watch 三菱、東京モーターショーの出品概要を発表

    Concept PX-MiEVは、ガソリンエンジンとモーターによるハイブリッド駆動のクロスオーバーモデルで、前輪と後輪を駆動する2つの永久磁石式同期モーターと、発電機としての役割も担う1.6リッター DOHCガソリンエンジンを有する。走行状況や駆動用バッテリーの容量に応じて、モーターとエンジンを切り替える「三菱プラグインハイブリッドシステム」を搭載。駆動バッテリーを常時モニタリングし、バッテリー容量に応じて充放電を制御するとともに、EVコンポーネントとエンジンの総合制御によって最適な走行モードを選択する「MiEV OS(MiEV Operating System)も採用する。これらにより、10・15モード燃費は実に50km/Lを誇る。


    ■Concept PX-MiEVの走行モードは4パターン
    走行モードは4パターン。「EVモード」では駆動用バッテリーでフロントモーターを駆動し、前輪駆動で走行する。天候などにより前輪がスリップし、スタビリティが求められる場合は自動的にリアモーターを駆動して4WDに切り替わる。


    「シリーズハイブリッドモード」では、駆動用バッテリーの残量が低下した際にエンジンが始動し、発電を開始。この発電した電力によりモーターを駆動するというもの。EVモード同様に前輪駆動と4WDの切替を自動的に行う。


    「パラレルハイブリッドモード」では、高速走行時など高いエネルギー効率が求められる際にエンジンの動力も利用し、フロントとリアのモーターをあわせて高い動力性能を発揮する。このモードでも、前輪駆動と4WDの切替は自動的に行われる。


    「回生モード」では、長い下り坂などでアクセルをオフにすることにより、前後のモーターが発電機として機能。この発電機が減速エネルギーを電気に変換し、駆動用のバッテリーに充電する。


    そのほか、普通充電や急速充電を行う際の「充電モード」、駆動用バッテリーの電力を用いて家庭での電力利用を可能とする「給電モード」機能を持つ。この給電モードは、災害時などにおける緊急用の電源としての利用も想定される。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 163, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:02 (JST) (525d) by evinfo