電気自動車と電池は明日を拓く

ドイツBMW社の大型車向けのハイブリッドシステム。2009デトロイトモーターショーで同社の「7」「6X」両シリーズのコンセプトカーに搭載して発表された。燃費を従来の両シリーズより15%低減する。2009年中に生産開始する。V型8気筒ガソリンエンジンに,8速自動変速機、回生時に発電機を兼ねる駆動用モータ、120VのLiイオン2次電池ユニットを組み合わせた。


  • 【デトロイトショー】BMW社、大型車向けのハイブリッドシステムを展示 - グリーン・カー - Tech-On!

    ドイツBMW社は大型車向けのハイブリッドシステム「ActiveHybrid」を開発し、同社の「7」「6X」両シリーズに搭載したコンセプトカーをそれぞれ展示した。燃費を従来の両シリーズより15%低減する。2009年中に生産開始する。ActiveHybridは、V型8気筒ガソリンエンジンに,8速自動変速機、回生時に発電機を兼ねる駆動用モータ、120VのLiイオン2次電池ユニットを組み合わせた。


    V8ガソリンエンジンは、バンクの内側が排気弁、外側が吸気弁という、現代のエンジンには珍しい構成。Vバンクの谷間にターボチャージャが2個並ぶ。クランク軸はシングルプレーンでない普通のV8。このタイプのエンジンをバンク別のツインターボと組み合わせることは、各バンクが不等間隔爆発になるため避けたいはずで、前例は多くはないのだが、あえて採用したようだ。油圧ポンプは普通のエンジンと逆で、後ろ側にある。


    通常の変速機ではトルクコンバータがある場所に、24極の扁平なモータを配置した。モータの最高出力は15kW、最大トルクは210N・m。トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」などのようにシリーズ・パラレル方式ではなく、ホンダのハイブリッド車「シビックハイブリッド」と同じくパラレル方式となる。そのため、エンジンの始動や加速時のアシストにモータを利用する。


    Liイオン2次電池の容量は800Whであることから、セルの電流容量は6.5Ah程度とみられる。インバータなどを搭載する制御ユニット(ドイツContinental社製)は、通常のハイブリッド車では放熱を考えてエンジンより高い位置にあるが、ActiveHybridではオイルパンの横という低い位置に配置した。オイルパンだけでなく変速機にもねじで固定しているようで、アルミダイカスト品の立派な外装であることからも、剛性を上げるプレースとしての役割を持たせる模様。エンジンが内側排気で、上部が高温になりやすいことも、この配置に関連しているのだろう。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 215, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:00 (JST) (9d) by evinfo