電気自動車と電池は明日を拓く


ノートパソコン用リチウムイオン電池安全確保WGの設置について

1.趣旨・目的 anchor.png

パソコンは、今やビジネスの道具にとどまらず、メールやインターネット等の利用など消費者の生活の中にも広く普及している。

今般、ノートパソコンの電池パックに用いられるリチウムイオン電池から発火する等の不具合が発生し、経済産業省としては、関係メーカー等に対して、消費生活用製品安全法に基づき、事故原因及び再発防止策等について報告を求める等の対処を行ったところ。 このため、ノートパソコン用電池として普及しているリチウムイオン電池の安全性確保のための方策を検討するため、消費経済審議会製品安全部会の下部機関として、ノートパソコン用リチウムイオン電池安全確保ワーキンググループを設置する。

Page Top

2.構成 anchor.png

Page Top

ノートパソコン用リチウムイオン電池安全確保WG構成員 anchor.png

専門委員小久見善八京都大学工学部教授
佐藤祐一神奈川大学工学部教授
辰巳国昭(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 蓄電デバイスグループ長
鳶島真一群馬大学工学部教授
山木準一九州大学工学部教授
菊池久(独)製品評価技術基盤機構 生活・福祉技術センター所長
Page Top

3.審議の進め方 anchor.png

9月22日(金)に第1回会合を開催し、来年3月までに、ノートパソコン用リチウムイオン電池の安全性確保のための方策について審議を行い、検討結果をとりまとめる。 審議の過程において、必要に応じ、電池メーカー等からのヒアリング調査を実施する。 なお、企業の営業機密に係る情報を取り扱うため、会議は非公開とする。



トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 67, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2018-01-08 (月) 01:24:00 (JST) (196d) by evinfo