電気自動車と電池は明日を拓く

出力規模300kW未満、最高使用圧力は1000kPa以下、最高使用温度は1400℃未満と規定されているガスタービン。燃料が灯油、天然ガス、LPGと幅広く、窒素酸化物発生量が非常に小さい。廃棄物の消化ガスも燃料に使える。再生器を搭載して排熱を活用することで発電効率を30%程度に高めているのが特徴。コジェネレーションシステムなどでの利用により、省エネや温暖化ガス削減対策に期待されている。(2002/09/18日刊工業新聞)


  • 米キャプストン 30kW
  • 米ハネウェル 75kW  GEとの合弁失敗。
  • トヨタタービン&システム 50kW、発電効率26%。産業向け非常用300kWを2002/07より販売。2003/04からは50kWコジェネパッケージも。
  • 三菱重工 80kW、東邦ガス研究所で実証。30%弱。
  • ターベック 100kW。ボルボとABBの合弁会社。2年間で85台出荷。2003からスウェーデンで生産、年500台。
  • 荏原 米エリオット製80kW。30%。
  • 明電舎 米キャプストン製。累計150台。畜産ふん尿のガス化に6件受注。
  • 岩谷産業
  • トヨタ自動車 MCFCとMGTの複合発電、47%強、豊田氏元町工場の隣接地、総合熱効率目標80%。
企業名出力(kW)発電効率
キャプストン(米国)30/6025/28
トヨタタービン&システム5026
荏原・エリオット(米国)8030
三菱重工業8030
ターベリック(スウェーデン)10030
ボーマン(英国)8027

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 285, today: 3, yesterday: 0
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:00 (JST) (9d) by evinfo