電気自動車と電池は明日を拓く

総務省消防庁が、リチウムイオン電池を大量に貯蔵又は取り扱う危険物施設の安全対策のあり方を検討するため、「リチウムイオン電池に係る危険物施設の安全対策のあり方に関する検討会」を発足

1 背景・目的 anchor.png

リチウムイオン電池の電解液は、石油製品等と同様の危険性を有する危険物(引火性液体)であることから、大量のリチウムイオン電池を貯蔵又は取り扱う施設については、消防法令の規定により、危険物施設として一定の防火安全対策を講ずることとされています。
このことについて、平成23 年3月6日に行われた行政刷新会議による規制仕分けにおいて、安全性の確保を大原則としつつ、リチウムイオン電池の火災危険性を再検証することが求められました。
このような状況を踏まえ、消防庁では「リチウムイオン電池に係る危険物施設の安全対策のあり方に関する検討会」を発足し、リチウムイオン電池の火災危険性について再検証を行うとともに、リチウムイオン電池に係る危険物施設の安全対策のあり方等について検討することとしました。(8月9日(火)に合同庁舎7号館(金融庁)にて第1回検討会を開催予定)

Page Top

2 主な検討項目 anchor.png

(1) リチウムイオン電池の火災危険性に関する事項
(2) リチウムイオン電池に係る危険物施設の安全対策のあり方に関する事項

Page Top

3 委員 anchor.png

氏名所属等
委員朝倉 吉隆一般社団法人日本自動車工業会 電池WG副主査
委員池田 秀範大阪市消防局 予防部 規制課長
委員大竹 晃行東京消防庁 予防部 危険物課長
委員小田 佳一般社団法人電池工業会 法規ワーキング 副主査
委員越谷 成一川崎市消防局 予防部 危険物課長
委員小林 恭一東京理科大学総合研究機構火災科学研究センター 教授
委員佐藤 祐一神奈川大学 客員教授
委員菅原 浩一般社団法人日本自動車工業会 電池WG主査
委員辰巳 国昭独立行政法人産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 主幹研究員
委員田中 栄一独立行政法人製品評価技術基盤機構製品安全センター 技術業務課 主任
委員塚目 孝裕消防研究センター技術研究部 主幹研究官
委員鶴田 俊秋田県立大学システム科学技術学部 教授
委員寺田 正幸一般社団法人電池工業会 法規ワーキング 主査
委員中満 和弘一般社団法人電池工業会 次世代蓄電池委員長
委員野上 光造一般社団法人電池工業会 推薦委員

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 186, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:02 (JST) (593d) by evinfo