電気自動車と電池は明日を拓く

電気自動車等の電動車両用の二次電池はレアメタルを含んでいることから、使用後も資源として有効利用することが必要である、という観点から、リユース(再利用:Reuse)、リサイクル(再循環:Recycle)、リデュース(資源利用低減:Reduce)を考える。

リユース anchor.png

電動車両電池を住宅用等で再利用するなど。電気自動車等が大量普及した場合、リサイクルが確立するまでは、他用途での再利用の仕組みを作ることが必要になってくる。ただし、二次電池は性能劣化するため、電動車両での使用後の残性能の評価技術を確立する必要がある。電池の残性能は電池パック(組電池)内の単電池の性能ばらつきの影響が大きいと予想される。また、再利用時には安全性能についての評価も欠かせない。このように再利用を事業化するための技術的な課題は多い。

Page Top

リサイクル anchor.png

Page Top

リデュース anchor.png


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 152, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2018-01-08 (月) 01:24:00 (JST) (344d) by evinfo