電気自動車と電池は明日を拓く

東日本高速道路 anchor.png

横須賀PAなどに急速充電器を設置、EVも導入…NEXCO東日本 | Response.

NEXCO東日本は23日、横浜横須賀道路・横須賀パーキングエリア(PA)など、神奈川県内のPA4カ所に、電気自動車向け急速充電器を設置するとともに、業務用車両として電気自動車(EV)2台を導入すると発表した。


急速充電器は、横浜横須賀道路・横須賀PAの上下線各1基づつと第三京浜道路・都筑PAの上りに1基、保土ヶ谷PAの下りに1基それぞれ設置される。


また、横須賀PAでは、太陽光発電によるトイレへの電力供給やLED照明、路面温度の上昇を抑える舗装、壁面緑化などの環境対応型技術を活用した設備を新たに導入する。環境緑地帯やビオトープの整備など、横浜横須賀道路が建設当初から基本コンセプトとする「自然にやさしい道づくり」が体感できるエリアに改修するとしている。


急速充電器の設置は、同社が管理する高速道路(一般有料道路を含む)の休憩施設では初めて。高速道路関連社会貢献協議会の協力を得て実施する。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 354, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:01 (JST) (415d) by evinfo