電気自動車と電池は明日を拓く

ハイブリッド自動車電気自動車を開発中。

富士重工業 「スバル プラグイン ステラ」を発表 anchor.png

www.fhi.co.jp_090604.jpg

Page Top

富士重工業 「スバル プラグイン ステラ コンセプト」を開発 anchor.png

Page Top

富士重工、「レガシィ」のハイブリッド車、2007年度から試験的に限定販売 anchor.png

ミラーサイクルを採用した水平対向ターボエンジンと変速機の間に、薄型のモータージェネレーターを挟み込み、低回転域でのトルク薄をモーターがアシストする『ターボパラレルハイブリッド(TPH)』。リチウムイオンキャパシタなどを採用、燃費は約3割向上する。初年度の販売予定は数十台規模

Page Top

富士重工、軽自動車の電気自動車「スバル R1E」(試作車)を初公開 anchor.png

富士重工とNECとの合弁会社「NECラミリオンエナジー」が開発した高性能のリチウムイオン電池を活用。5分間で90%の充電ができ、1回の充電で120kmを走れる。電池交換は15万km走行まで不要でほとんどの場合、廃車まで持つという。「家庭で一晩で充電できるようになれば、電気自動車は一定の地位を得るだろう」「月2000台売れれば価格は150万円に抑えられる」と竹中社長

Page Top

人とくるまのテクノロジー展2005に出展 anchor.png

  • 2003年12月に発売した軽自動車「R1」ベース。
  • モータとインバータ、Liイオン2次電池などを搭載。
  • 走行距離は1回の充電で100km以上。
  • 2010年までには実用化を目指す。
  • 「軽自動車などの小型車両は、体積効率を考えるとモータとエンジンを両方搭載するハイブリッド車には向かず、むしろ電気自動車とした方がコスト面や、ライフサイクル全体でのCO2排出量の削減、ランニング・コストの低減が図れるなど利点が多い。
  • モータ出力40kW
  • NECラミリオンエナジー製リチウムイオン二次電池(356V)
    • 正極はMn系で、約5分で急速充電できる
  • 2010年までに実用化を目指す

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 434, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:02 (JST) (32d) by evinfo