電気自動車と電池は明日を拓く

イタリアピニンファリーナとフランスBollore(ボロレ)グループとの共同開発の電気自動車


【パリモーターショー08】ピニンファリーナのEV いよいよ市販へ anchor.png

  • 【パリモーターショー08】ピニンファリーナのEV いよいよ市販へ | Response.

    ピニンファリーナは10月2日、パリモーターショーで電気自動車(EV)の『Bゼロ』を発表した。最大航続距離250km、最高速130km/hという高い実用性を備え、2010年に欧州で発売される。


    ピニンファリーナはフェラーリなどのデザインを行うカロッツェリアとして有名だが、EVの開発に積極的に取り組んできたことでも知られる。2008年1月にはフランスのBolloreグループとEVの共同開発で合意。市販に向けた準備を進めてきた。


    今回発表したBゼロは、Bolloreグループが約15年かけて研究開発したリチウムイオンバッテリーを採用。このバッテリーは家庭用コンセントから数時間で充電でき、フル充電時には250kmという長距離を走行できるのが特徴。さらに、0-60km/h加速は6.3秒、最高速は130km/hと文句なしの実用性を持つ。ボディにはソーラーパネルを備え、走行中にも充電できるように配慮した。


    バッテリーはボディ中心部の床下に搭載。ピニンファリーナは「重心を下げると同時に、ボディ中央に重量物をまとめることで、ハンドリングも向上させた」と説明する。ボディは5ドアで、大人4名が乗車できる居住性も確保している。


    Bゼロは2009年末にイタリアのトリノ工場で生産開始。欧州へ2010年に投入される。ピニンファリーナらしく最新のデザイントレンドを盛り込んだ外観は、小型車ながら抜群の存在感。ヨーロッパの街並みに似合いそうなEVの誕生だ。

Page Top

『ボロレ ピニンファリーナ Bゼロ』、電気自動車(EV)の市販が近い。 anchor.png

  • 『ボロレ ピニンファリーナ Bゼロ』、電気自動車(EV)の市販が近い。

    イタリアのピニンファリーナは『ボロレ ピニンファリーナ Bゼロ』という電気自動車(EV)をパリモーターショーで発表。


    イタリアのカロッツェリア,ピニンファリーナとフランスの複合企業Bollore(ボロレ)グループとの共同開発で誕生したEVは、Liイオンバッテリーを採用した電気自動車だ。


    ボロレグループ企業バスカップ社で開発されたリチウム・メタルポリマーバッテリー長期にわたる研究開発の末に生まれたもので、出力45kW、電圧410Vのバッテリーは最高速度130km/h、0~60km/h加速6.3秒、最大航続距離250kmをたたき出す。


    さらには繰り返して充電ができる20万kmメンテナンスフリーという。
    勿論、回生エネルギーの利用に関してもスーパーキャパシターで蓄電され、ボロレ製が搭載されている。


    自動社本体のルーフとフロントマスクには太陽光発電を利用できるようにソーラーパネルがビルトインされている。


    本体重量300kgのバッテリーはボディ中心部の床下に搭載することで、ドライバーの運転時にはハンドリングの向上と居住性を確保している。


    製品はトリノで2009年から生産開始され、同年末には販売開始の予定。

    『ボロレ ピニンファリーナ Bゼロ』主要諸元
    項目数値
    最大航続距離250km
    最高速度130km/h
    0~60km/h加速6.3秒
    Liイオンバッテリー電圧410V
    出力45kW
    電池のメンテナンス20万kmメンテナンスフリー
    乗車定員4名
    販売価格未定

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 552, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:01 (JST) (345d) by evinfo