電気自動車と電池は明日を拓く

日立ビークルエナジーは、ハイブリッド電気自動車などのリチウムイオン二次電池のマーケティングおよび開発・製造を目的とし、日立、新神戸電機、日立マクセルの3社による合弁会社として2004年に設立。

  • 2006年3月には、日立および新神戸電機が第一次増資を行い、日立が筆頭株主に。
  • 日立のリーダーシップのもと、モーター、インバーター、バッテリーというハイブリッド電気自動車の主要コンポーネント3つを組み合わせて最適なシステムとして提供できる体制。
  • これまで、日立のリチウムイオン二次電池は、複数のカーメーカーで採用され、累計販売数は20万セル。


  • 日立、茨城ひたちなかにHV向けリチウム電池の生産ライン新設:日刊工業新聞

    日立製作所はハイブリッド車(HV)向けを中心とするリチウムイオン電池の生産ラインを、子会社の日立ビークルエナジー(茨城県ひたちなか市)に新設する。投資額は200億―300億円規模。2010年までに生産能力を現在の月間4万セルから「10倍まではいかないが、月間数十万セル」(本田恭彦執行役常務)に引き上げる。HV用リチウムイオン電池では国内最大級の生産能力になる見通し。環境対応車の中核部品となる二次電池をめぐり、電機、自動車各社による開発・量産競争が激しくなってきた。

    日立ビークルエナジーリチウムイオン電池の開発・製造を担当する子会社で、日立本体の佐和事業所(茨城県ひたちなか市)に隣接する。日立ビークルは年内に、日立、新神戸電機、日立マクセルのグループ3社を割当先とする60億円規模の第三者割当増資を実施する方向。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 186, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:01 (JST) (469d) by evinfo