電気自動車と電池は明日を拓く

最近、リチウム二次電池に再参入した。


新型二次電池SCiB」の本格量産に向け新工場建設を発表 anchor.png

  • 【東芝】新型二次電池「SCiB」の本格量産に向け新工場建設を発表 - ELISNET -

    東芝は,新型二次電池SCiB」の将来の需要拡大を見据え,本格的な生産に向けた第二量産拠点の整備を決定した。


    現在生産を行う佐久工場(長野県佐久市)に続く新しい量産工場は新潟県柏崎市を第一候補として,今後,具体的な検討を進めていく。


    SCiBは,高い安全性と,一日一回充放電を行っても10年以上使用可能な長寿命性能,わずか5分間で容量の90%以上の充電が可能な急速充電性能を備えている。


    また,2010年度以降,産業用途,車載用途のリチウムイオン電池の需要の大幅な伸張が予想され,2015年度には,グローバルなリチウムイオン電池市場全体で約1.7兆円の市場規模が見込まれる。


    このような中で,第二拠点として,新たに量産工場を建設することで,今後の産業用途や車載用途の需要急増にタイムリーに対応できる体制を整えるとともに,将来のSCiBの速やかな量産規模の拡大に備える。


    新工場は,2009年秋頃の着工を目指し,産業用途の需要拡大が期待できる2010年秋を目処に量産を開始する計画。

Page Top

東芝、長寿命・急速充電「SCiB」生産の移行を検討-佐久市から柏崎市へ anchor.png

  • 東芝、長寿命・急速充電「SCiB」生産の移行を検討-佐久市から柏崎市へ | 企業ニュース - 財経新聞

    東芝は24日、新型二次電池SCiB」の将来の需要拡大を見据え、本格的な生産に向けた第二量産拠点の整備を決定したことを発表した。「SCiB」は高い安全性と、一日一回充放電を行っても10年以上使用可能な長寿命性能と、5分間で容量の90%以上の充電が可能な急速充電性能を備えている。同社は現在、佐久工場(長野県佐久市)にて生産を行っているが、新潟県柏崎市を新しい量産工場の第一候補として、具体的な検討を進めている。


    2010年度以降、産業用途、車載用途のリチウムイオン電池の需要の大幅な伸張が予想され、2015年度には、グローバルなリチウムイオン電池市場全体で約1.7兆円の市場規模が見込まれる。このような中で、第二拠点として、新たに量産工場を建設することで、今後の産業用途や車載用途の需要急増にタイムリーに対応できる体制を整えるとともに、将来の「SCiB」の速やかな量産規模の拡大に備えるという。同製品は現在、キャノンデールスポーツグループの電動自転車への採用が決まっており、他の企業への提案活動を続けているという。


    東芝によると、新潟県では、経済産業省が推進する「EV・pHVタウン構想」に柏崎・刈羽地域をモデル地域の一つとして応募しており、低炭素社会実現・関連産業の創出を目指して電気自動車に係わる取り組みを展開している。今回の候補地検討にあたっては、将来的に車載用途向けへの採用も目指す「SCiB」事業と方向性が一致していること、先行する佐久工場に近接していること、さらに助成制度など、総合的に判断をして選定したという。


    東芝は、新工場の2009年秋頃の着工を目指し、産業用途の需要拡大が期待できる2010年秋を目処に量産を開始するという。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 361, today: 1, yesterday: 2
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:00 (JST) (590d) by evinfo