電気自動車と電池は明日を拓く

スマートエナジー研究所が推進するプロジェクト?

  • 福岡市などがスマートハウスの実証試験を開始へ :日本経済新聞

    福岡スマートハウスコンソーシアム(代表:スマートエナジー研究所)は2010年6月3日,自律的な電力供給の制御システムを構築し,二酸化炭素(CO2)排出量の削減や省エネルギー化を図るスマートハウスの実証試験を2010年9月から開始すると発表した。試験は福岡市と共催で進める。まずは2011年3 月まで実証試験を実施し,成果を公表したいとしている。


    具体的には,福岡市東区にある福岡アイランドシティ内にある2階建ての戸建て住宅で実証試験を実施する。住宅には発電用に太陽電池と小型の風車を,蓄電用にリチウム(Li)イオン2次電池を設置する。太陽電池と風車,蓄電池間は直流で配電し,双方向DC-AC(直流-交流)コンバータを介して系統電源や家庭内の家電とつなぐ計画である。


    「電力制御の分野ではリアルタイム性が重要であり,中央制御的なシステムは適さない。各構成部品をつなぐだけで自律的なシステムを構築できるようにしたい」(スマートエナジー研究所 CTO ファウンダーの中村良道氏)とする。太陽光発電風力発電といった複数の発電源と蓄電池を組み合わせ,しかも系統電源との連携が可能な,非常に複雑な系での最適な電力制御システムを構築する計画だ。


    今回のコンソーシアムの最大の特徴は,電源制御システムのために必要な構成品を複数の専門企業が供給すること。各企業がそれぞれ自発的に自社の製品を持ち寄り,実証試験を実施する。構成企業は,スマートエナジー研究所やアバール長崎,dSPACE Japan,ゼファー,ベイサン,ワイヤレスグルーネットワークス,日本テキサス・インスツルメンツ,ホンダソルテックの8社が参画する。


    研究団体としては,崇城大学 エネルギーエレクトロニクス研究所が,オブザーバとして九州大学 大学院 システム情報科学研究院 庄山研究室や九州先端科学技術研究所,九州組込みソフトウェアコンソーシアム(QUEST),正興電機製作所が加わっている。


    各構成品については,ホンダソルテックが太陽光発電システムを,ゼファーが小型風力発電システムを,ベイサンがLiイオン2次電池を,アバール長崎がDC-DCコンバータや双方向DC-DCコンバータ,双方向DC-ACコンバータなど電力制御用の装置を供給する。日本テキサス・インスツルメンツは,電源制御向けにプロセサ「C2000シリーズ(Piccolo)」を提供し,アバール長崎が作製する電力変換装置に搭載する。


    このほか,ワイヤレスグルーネットワークスが無線通信方式「ZigBee」を用いて,各構成部品の利用状況をリアルタイムで表示する,いわゆる“見える化”を実施し,HEMS(home energy management system)を構築する計画である。プロファイルには米国で標準化された「ZigBee SE」を利用する。


    崇城大学 エネルギーエレクトロニクス研究所は,所長の中原教授が開発した電源回路シミュレーションツール「SCALE」を利用し,スマートハウス全体や構成品間の電力の流れをシミュレーションし,実証試験の結果と比較検討していく。


    さらに,dSPACE Japanは自動車の制御システムを構築する際に利用しているモデルベース開発ツールである「HILS」をスマートハウスの分野で積極的に活用していく。同社によれば,これまで試行錯誤でやってきた電力制御システムの設計を大きく変える可能性があると期待を寄せている。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 155, today: 2, yesterday: 1
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:23:59 (JST) (526d) by evinfo