電気自動車と電池は明日を拓く

要検討項目

  1. 対象セル、モジュールの想定:容量、電圧、個数、設置状態(恒温槽?)
  2. 電源入出力、容量
  3. 設置場所
  4. 計測機器など:高精度電圧計測器、交流電流充放電装置
  5. ソフトウェア:計測、制御
  6. その他:試験方法(案)の検討をハードウェア的に行う必要あり。
  • 各社に共通に適用しうる試験方法を実施できること
  • より高精度で計測可能であること

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 235, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:00 (JST) (535d) by evinfo