電気自動車と電池は明日を拓く

三菱自動車工業株式会社、三菱商事株式会社、三菱オートリース株式会社、関西電力株式会社の4社が、関西地域における電気自動車の普及拡大を目的に連携・協力する。2009年10月設立予定。

  • 三菱自動車・関西電力など、電気自動車の普及推進協議会を設立 プレスリリース|ecool

    三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車)、三菱商事株式会社(以下、三菱商事)、三菱オートリース株式会社(以下、三菱オートリース)および関西電力株式会社(以下、関西電力)の4社は、関西地域における電気自動車の普及拡大を目的に連携・協力する『関西電気自動車普及推進協議会(仮称)』を今年10月を目途に設立することとし、本日、「関西電気自動車普及推進協議会設立に関する覚書」を締結しました。


    電気自動車は、運輸部門のCO2排出量削減に大きく貢献するものとして期待されており、本年7月から市販が開始されたところですが、今後の本格的な普及拡大に向けては、初期需要の創出や充電インフラの整備が必要であり、関係企業等が連携して取り組むことが不可欠であるといえます。
    こうした状況のもと、三菱自動車、三菱商事、三菱オートリース、関西電力は本協議会を設立することとしました。


    本協議会は、関西地域でいち早く電気自動車を市場投入した三菱自動車および関係各社と関西電力が発起人となり、自動車会社や関西地域における電気自動車の保有企業、充電インフラ設置企業など、電気自動車普及を目指す関係者に広く参加いただきたいと考えています。


    また、関西地域で先行して実施されている大阪府、京都府、福井県、京都市の協議会等*1の取組みと一体となった活動を展開するなど、関西の自治体等とも連携してまいります。


    当面、初期需要創出のための普及啓発活動に取り組むとともに、自治体や協議会等とも連携しながら、電気自動車の走行や充電インフラの利用に関する実態調査研究を行い、関西地域における利便性や経済性の観点から合理的なインフラ整備のあり方の検討を進めていく予定です。


    本協議会は、こうした関係企業等が連携した取組みを推進し、低炭素社会の実現に貢献する電気自動車の本格的な普及拡大に向け取り組んでまいります。


*1 「大阪EVアクション協議会」、「大阪エコカー普及戦略検討部会」、「京都府次世代自動車普及推進協議会」、「ふくい次世代自動車導入推進協議会」、「京都市自動車環境対策協議会」

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 98, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2018-01-08 (月) 01:24:00 (JST) (344d) by evinfo