電気自動車と電池は明日を拓く

ソフトバンクが提唱している太陽光発電普及計画。国内の休耕田や耕作放棄地にソーラーパネルを設置し、2020年までに5000万kWの電力を確保する。住宅や工場の屋根に貼り付けるソーラーパネルなどとあわせて、太陽光で1億kWの調達を見込んでいる。

再生可能エネルギー普及のために設立する自然エネルギー普及協議会ではさらに、風力や地熱などでも2020年までに合計5000万kWを発電する計画。

  • ソフトバンク、自然エネルギー普及で19道県と協議会設立へ -INTERNET Watch

    ソフトバンクと19道県は25日、自然エネルギーを普及促進することを目的とした「自然エネルギー協議会」を7月上旬に設立することで合意した。太陽光や風力、地熱などの中小規模の発電所を全国に分散させるとともに、自然エネルギーの普及促進に必要な政策を提言していく。

    19道県は用地を提供し、ソフトバンクは資金や技術、運営を担当する。同社の孫正義社長によれば、資金は「ソフトバンクグループの連結売上3兆円のうちの数%」を社会貢献の一環として投じる。協議会では、2020年までに自然エネルギーだけで1.5億kWを発電し、日本で使用する全電力の30%を自然エネルギーで調達する方針を打ち出している。

    太陽光発電に関しては、国内の休耕田や耕作放棄地にソーラーパネルを設置する「電田プロジェクト」を推進し、2020年までに5000万kWの電力を確保する。住宅や工場の屋根に貼り付けるソーラーパネルなどとあわせて、太陽光で1億kWの調達を見込んでいる。協議会ではさらに、風力や地熱などでも2020年までに合計5000万kWを発電する計画。

    孫社長はこのほか、自然エネルギーを普及促進させるには、1)全量買取制度、2)送電網への接続義務、3)用地の規制緩和――が不可欠であると指摘。協議会は政府や電力会社に対して、こうした政策面の提言も行っていく考え。

    協議会は、孫社長が自然エネルギー普及促進に積極的な同県知事に声をかけるかたちで発足した。参加を表明した19道県は、北海道、秋田県、埼玉県、神奈川県、福井県、山梨県、長野県、静岡県、愛知県、三重県、岡山県、広島県、香川県、高知県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 265, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:01 (JST) (535d) by evinfo