電気自動車と電池は明日を拓く

中国BYDのプラグインハイブリッド自動車



BYD Auto社,プラグイン・ハイブリッド車「F3DM」を中国で発売 anchor.png

  • BYD Auto社,プラグイン・ハイブリッド車「F3DM」を中国で発売 - グリーン・カー - Tech-On!

    中国BYD Auto社は,家庭用電源から充電が可能なプラグイン・ハイブリッド車「F3DM」を発売したと2008年12月15日に発表した(図1)。価格は14万 9800元(日本円で約202万円)。まずは官公庁や企業向けに販売する計画で,中国紙の報道によれば,中国建設銀行と深セン市などに数十台を納車したとする。


    F3DMは,排気量1Lの3気筒エンジン「371QA」(出力50kW)に,2個のモータ,16kWhのLiイオン2次電池を組み合わせた(図 2)。車体寸法は,全長4533mm×全幅1705mm×全高1520mmで,重さが1560kg。最高速度は150km/h以上とする。エンジンを使用せずにモータだけで走行する,いわゆるEV走行が可能で,1回の充電で50km/hの定地走行で100km,15項目の走行パターンを想定した「15モード」で80kmほど走行できる。


    搭載する2個のモータの出力は,それぞれ50kWと25kW。EV走行時には50kWのモータのみで駆動し,加速時などにはエンジンからの出力に加えて25kWのモータを駆動する(図3)。そのため,最大出力は125kWとなるもよう。制動時には50kWのモータで電力を回生し,Liイオン2次電池を充電する。Liイオン2次電池は正極材料にリン酸鉄を用いた,いわゆる鉄系のLiイオン2次電池を搭載している。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 388, today: 2, yesterday: 0
Last-modified: 2018-01-08 (Mon) 01:24:00 (JST) (382d) by evinfo